本年度のアカデミー賞®国際⻑編映画賞部⾨の韓国代表に選出、カンヌ国際映画祭コンペティション部⾨で監督賞を受賞し、第80回ゴールデン・グローブ賞《作品賞−⾮英語作品(旧・外国語映画賞)》にもノミネートされた、パク・チャヌク監督最新作『別れる決⼼(原題:헤어질 결심/英題:Decision to Leave)』(2023年2⽉17⽇(⾦)よりTOHO シネマズ⽇⽐⾕他全国公開)。そんな本作のジャパンプレミアが12月26日に都内劇場で行われ、本作PRのために来日中のパク・チャヌク監督が登壇し、さらに解説ゲストとして古家正亨、特別ゲストとして磯村勇斗が参加した。

パク・チャヌク監督最新作『別れる決⼼』(2023年2⽉17⽇(⾦)よりTOHO シネマズ⽇⽐⾕他全国公開)のジャパンプレミアが12月26日に都内劇場で行われ、本作PRのために来日中のパク・チャヌク監督が登壇し、さらに解説ゲストとして古家正亨、特別ゲストとして磯村勇斗が参加した。

珠玉のサスペンスロマンス『別れる決心』

韓国で社会現象!世界中を魅了!!珠玉のサスペンスロマンス『別れる決心』。(© 2022 CJ ENM Co., Ltd., MOHO FILM. ALL RIGHTS RESERVED)

映画『お嬢さん(2016)』以来、5年10ヶ月ぶりの来日となるパク監督は、巨匠の新作を待ちわびる日本のファンを前に「今日は寒い中、このように集まっていただきありがとうございます」と感謝しながら「この作品は『お嬢さん』以来となる私の映画監督作であり、コロナ禍を経て初めて作った映画でもあります。とても意味深い作品であり、ベストを尽くして制作した作品です」と挨拶した。

古家氏が「映画賞を総なめしているのみならず、作品としての質も高く評価されている。これまでのパク・チャヌク監督作に比べて暴力や性描写が抑えられているけれど官能的。かなり興奮しました」と絶賛するように、『別れる決心』は第75回カンヌ国際映画祭監督賞受賞のほか、青龍賞7冠を初め韓国国内でも数多くの映画賞を受賞。

さらに第80回ゴールデン・グローブ賞にもノミネートされ、第95回アカデミー賞の韓国代表作品にも選ばれている。

また韓国では脚本集がベストセラーになり、決めセリフがSNSで流行するなど社会現象的ヒットを記録。BTS(防弾少年団)のRMも本作に大ハマリしており、インスタグラムで映画のセリフを話す映像を投稿したりしているという。

『別れる決心』

『別れる決心』メインビジュアル (© 2022 CJ ENM Co., Ltd., MOHO FILM. ALL RIGHTS RESERVED)

これにパク監督は「RMさんは自分でお金を出して、何度も本作を観てくれたようで本当にうれしいです。次回お会いする際にはお礼を言おうと思います」と笑顔。

本作制作においては、古典的スタイルをテーマにしたそうで「それが、私がこれまでに作ってきた刺激的な作品よりも、好評を博しているということが非常に興味深いです。人を愛する感情や別れのつらさというものは、どの国のどの世代でも共通するものであると再確認することができました」と反響に手応えを得ていた。

舞台挨拶中盤には、特別ゲストとして俳優の磯村勇斗が監督への花束を抱えて登壇。磯村は自身の出演作『PLAN 75』でパク監督と同じく第75回カンヌ国際映画祭に参加しているが、この日が念願の初対面となった。

10代の頃に、パク監督の映画『オールド・ボーイ』を見て衝撃を受けたという磯村は「あの作品を見たときに“俺はこういう作品に出るような俳優になるんだ”と思ったくらい衝撃を受けました。それを手掛けた監督とお会いできているなんて本当に夢のよう」と感慨無量。

花束を贈呈する俳優の磯村勇斗

憧れのパク・チャヌク監督に花束を贈呈する俳優の磯村勇斗。

これにパク監督は「私も今日こうしてお会いできてうれしいです。今後磯村さんは大俳優になって簡単にはご挨拶できなくなると思うので、お会いできてよかった」とリスペクト返礼で、当の磯村は「そんなことを言われたら‥頑張るしかない!」と自らに気合を入れていた。

また磯村は『別れる決心』について「中毒性のある映画で面白かったです。過激なシーンを抑えつつも登場人物たちの心情にフォーカスを当てて、刑事ヘジュン(パク・ヘイル扮)と容疑者ソレ(タン・ウェイ扮)の掛け合いに胸がウズウズ。何度も観たくなる大人の危険なラブストーリーだと思いました」と絶賛。

古家氏も「美術セットにもすべて意味があり、セットから聞こえてくるセリフもあって、見ていてドキドキする。あんなにもセクシーなハンドクリームは初めて」とヒントをちりばめながら見どころを上げていた。

そして磯村は、憧れのパク監督に対して「撮影現場で心掛けていることは?」と質問。

日韓合作映画に意欲!

互いにラブコール?日韓合作映画に意欲!

これに監督は「対話」と明かし「私の作品を見た方は、私という人間は一人で色々なことに拘り、周りの意見を聞かないような人間だと思われるかもしれませんが、私は誰よりもキャスト・スタッフと話をして彼らの話をよく聞きます。ディスカッションすることでそこから良いものを選択することができるし、そこから自分の考えが発展成長もする。これはとても重要なこと」と説明。

その返答に磯村も「一番大切なことですね。僕も改めて仲間たちと会話をしながら作ることを大切にしたいと思いました」と感銘を受けていた。

磯村勇斗とパク・チャヌク

磯村勇斗とパク・チャヌク監督。

また、司会からパク監督作品への参加の意思を問われた磯村は「出られるものならば出たいですよ! そのためには韓国語を頑張って勉強しようと思う!」と前のめり。

するとパク監督も「磯村さんが韓国語をマスターするのではなく、私が日本語を勉強して日本映画でご一緒するのもありかもしれませんね」と日韓合作作品の制作に意欲を見せていた。

最後にパク監督は「私にとって幸せな瞬間は、この作品を見て観客の皆さんが笑ってくれた時です。ユーモアとは言語の壁を超えるのが難しいものですが、そのユーモアの部分を外国の皆さんが笑ってくださるということは、この映画で描かれているユーモアが通じたということ。皆さんもこの映画を見て面白いと感じたら、躊躇することなく笑ってくださいね」と日本の観客に呼び掛けた。

『別れる決心』

(© 2022 CJ ENM Co., Ltd., MOHO FILM. ALL RIGHTS RESERVED)

(© 2022 CJ ENM Co., Ltd., MOHO FILM. ALL RIGHTS RESERVED)

男が山頂から転落死した事件を追う刑事ヘジュン(パク・ヘイル扮)と、被害者の妻ソレ(タン・ウェイ扮)は捜査中に出会った。

取り調べが進む中で、お互いの視線は交差し、それぞれの胸に言葉にならない感情が湧き上がってくる。いつしか刑事ヘジュンはソレに惹かれ、彼女もまたへジュンに特別な想いを抱き始める。

やがて捜査の糸口が見つかり、事件は解決したかに思えた。しかし、それは相手への想いと疑惑が渦巻く“愛の迷路”のはじまりだった‥。

***
監督:パク・チャヌク
脚本:チョン・ソギョン、パク・チャヌク
出演:パク・ヘイル、タン・ウェイ、イ・ジョンヒョン、コ・ギョンピョ
提供:ハピネットファントム・スタジオ、WOWOW
配給:ハピネットファントム・スタジオ
原題:헤어질 결심|2022 年|韓国映画|シネマスコープ|上映時間:138 分|映画の区分:G
© 2022 CJ ENM Co., Ltd., MOHO FILM. ALL RIGHTS RESERVED
公式HP:https://happinet-phantom.com/wakare-movie/

公式twitter:https://twitter.com/wakare_movie
#別れる決心


[expander_maker id=”1″]

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs