• Amazon Primeビデオで配信中の『私の夫と結婚して』(tvN/2024)が、世界中で支持を得ている。
  • tvN作品としては『ホテルデルーナ~月明かりの恋人~』(2019)以来、約5年ぶりに褒賞旅行がプレゼントされるほどの実績を上げたドラマだ。
  • 役者陣の好演と面白いストーリーはもちろんだが、その他本作が好成績を残すことができたのには、数々のビハインドエピソードがある。

Amazonプライムビデオで配信中の『私の夫と結婚して』(tvN/2024)が、韓国はもちろん世界中のファンを虜にしている。

末期がんを患う主人公が、親友と夫に浮気された挙句、理不尽にも2人に殺害され、2度目の人生を生きることになって運命を変えようと奮闘するロマンス復讐劇だ。

主演を務めるパク・ミニョンをはじめナ・イヌやイ・イギョン、ソン・ハユンの熱演、爽快感たっぷりのストーリー展開が好評を得てドラマは大成功。

tvN作品としては『ホテルデルーナ~月明かりの恋人~』(2019)以来、約5年ぶりに褒賞旅行がプレゼントされるほどの実績を上げ、3月10日から3泊5日のベトナム旅行が予定されているそうで、まだ兵役に就いていないナ・イヌは兵務庁の許可を得て参加するのだとか。

ここ数年不振続きのtvNだが、起死回生に大きく寄与した様子の『私の夫と結婚して』。ヒットの裏には、役者陣の好演と面白い物語以外にも知られざる逸話が。本記事では、褒賞旅行を実施するほどの成績を収めた本作のビハインドエピソードを紹介する。

パク・ミニョン37kgまで減量

1度目の人生で余命宣告された末期がん患者カン・ジウォンを演じたパク・ミニョンは、なんと役づくりのために体重を37kgまで減量したという。

パク・ミニョンは37kgまで減量した

37kgまで減量したパク・ミニョン(画像出典:tvN)

最初は軽い気持ちでスタートしたものの、次第に「やるなら徹底的に」と考えるように。短いシーンではあったが第1話の重要性を感じた彼女は、自身が集中して撮影に挑むことで視聴者の心を掴むきっかけになるのではとの思いから、ストイックに取り組んだそうだ。

2013年を彷彿とさせる設定

殺害された後、2度目の人生を送ることになったカン・ジウォンは、2013年に戻ることになるのだが、第7話では彼女が勤務する会社内でワークショップが開催され、“名札取りゲーム”が実施された。

第7話で実施された名札取りゲーム

名札取りゲームが実施された第7話(画像出典:tvN)

日本人にはあまり馴染みがないかもしれないが、実は2013年にSBSの人気バラエティー『ランニングマン』で流行ったゲーム。

同番組を真似て、ワークショップや体育大会などで名札取りゲームを楽しむ視聴者が続出。その時代を経た人にとっては、実際に当時にタイムスリップしたかのような感覚を味わえる設定が盛り込まれていた。再現度にもこだわって制作したようだ。

猫と視聴者に万全の配慮

本作には、カン・ジウォンと男性ヒロインであるユ・ジヒョク(ナ・イヌ扮)の両者に、深い関係のある存在として猫が登場する。

子猫に視聴者から心配の声が寄せられた

視聴者から心配の声が寄せられた子猫(画像出典:tvNホームページ)

子猫から成長していく姿が撮られており内容自体に問題はなかったのだが、弱っているようにも見える状態の良くない子猫をどこから連れてきたのか、撮影後はどうなったのか猫の安全を心配する視聴者が続出。動物愛護団体には心配の声が多数寄せられたという。

これに対し制作者側サイドは真摯に回答し、第9話と第10話では安全な環境下で撮影が行われた旨のテロップを挿入。視聴者が背を向ける理由にもなりうる問題に、きめ細やかなかつ迅速な対応をみせた。

番外編・制作発表会の中止

番外編として、最後に制作発表会に触れる。

当初2023年12月27日の実施が予定されていたが、故イ・ソンギュンさんの訃報により芸能界のイベントが中止、あるいは延期となるなか、『私の夫と結婚して』も生オンライン制作発表会を急遽変更することに。録画されたものが2024年1月1日に配信された。

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(917件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs