• ソン・ヘギョが、作家のキム・ウンスクと『太陽の末裔』以来再タッグを組んだドラマ『ザ・グローリー』の放送日が確定した。
  • 韓国ではNetflixで12月30日より配信が開始となる。
  • 本作は幼年時代、暴力により魂まで砕けてしまった1人の女性が、生涯をかけて緻密に準備した徹底的な復讐とその渦に陥っていく人々の話を描いている。

ソン・ヘギョが主演を務める、Netflix(ネットフリックス)ドラマ『ザ・グローリー』が、12月30日に公開されることが明らかになった。

キム・ウンスク作家と再タッグを組むソン・ヘギョ

キム・ウンスク作家が初めて手掛ける“復讐劇”でソン・ヘギョはどんな表情を見せるのか。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

『シークレット・ガーデン(2010/SBS)』『ミスター・サンシャイン(2018/tvN)』などを手掛けたことで知られる、作家のキム・ウンスクの新作であり、2人が『太陽の末裔 Love Under The Sun(2016/以下、太陽の末裔)』以来、再びタッグを組むという話題作だ。

[expander_maker id=”1″]

12月1日、Netflixは「『ザ・グローリー』は12月30日より公開される」と告知。

本作は、幼年時代に暴力により、魂まで砕けてしまった1人の女性が、生涯をかけて緻密に準備した徹底的な復讐とその渦に陥っていく人々の話を描いた復讐ヒューマン劇だという。

共演には、イ・ドヒョン、イム・ジヨン、ヨム・ヘラン、パク・ソンフン、チョン・ソンフンなど。

『ザ・グローリー』ポスター

公開日と共にお披露目された『ザ・グローリー』ポスター。(画像出典:Netflixkorea 公式Instagram)

ソン・ヘギョは、小学校教師ムン・ドンウン役を演じる。建築家を夢見ていたが、高校時代に“貧しい”ことが理由で退学に追い込まれるほどのいじめに遭ってしまう。

怒りと憎悪で、一筋の光さえなかった時間を耐えながら過ごしてきた彼女は、教師となって加害者や傍観者たちへの復讐を計画する。

イ・ドヒョンは、整形外科医のチュ・ヨジョンに扮する。彼は温室の中の草花であり、爽やかに笑い時に空を飛ぶ男だったが、ムン・ドンウンにより“王子様”ではなく、“剣舞を舞うならず者”になることを決心することに。

イム・ジヨンは、インフルエンサーのパク・ヨンジン役を担った。彼女は、高校時代にムン・ドンウンをいじめていた主犯格で、自身の首を締めようとする過去の影から、大切なものを守るために立ち向かうという。

『ザ・グローリー』の演出を引き受けたアン・ギルホ監督は、作品を「実によく組み込まれた文学作品のような感じ」と表現。

キム・ウンスク作家が初めて着手した“復讐”というジャンルは、果たしてどんな展開を見せるのか、早くも視聴者から耳目を集めている。

(TOPSTAR NEWS ペ・イェウン記者/翻訳:Danmeeニュース部)

TOPSTAR NEWS 提供
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

[/expander_maker]

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs