• イ・スンギが、所属事務所のHOOKエンターテインメントへ、専属契約解除通知書を送付したことが明らかになった。
  • その翌日の12月2日、彼の公式ホームページはすでに閲覧できない状態となっている。
  • これを見たネットユーザーは、この仕打ちに驚きと呆れたコメントを寄せている。

イ・スンギが、精算問題で論争を続けている所属事務所のHOOKエンターテインメント(以下、HOOK)へ、専属契約解除通知書を送付したことが明らかになる中、公式ホームページも満了となった。

イ・スンギは専属契約解除通知書を送付した

イ・スンギは長きに渡り信頼し、所属していたHOOKエンターテインメントへ、専属契約解除通知書を送付した。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

12月2日、イ・スンギの公式ホームページに接続を試みたところ「ウェブホストサービスが満了した」という文書が掲示される。

[expander_maker id=”1″]

これを知ったネットユーザーは、

「専属契約解除を要請したから、(HPを)爆破させたの?」

「解除要請を送って、たった1日でホームページを閉鎖させるなんて、すごい事務所だね」

「ホームページの運営者は、お金がもったいないみたい」

など、驚きの反応を見せている。

歌謡界によると、イ・スンギ側はHOOKへ「所属関係を終わらせたい」という趣旨の、専属契約解除通知書を送付したという。

イ・スンギは11月15日、法律代理人を通してHOOKへ音源収益未精算関連内容証明を発送。

2004年にデビューしてから18年の間に137曲を発表し、証明された収益だけで96億ウォン(約9億6,000万円)もありながら、HOOKから1円も受け取っていないと主張している。

また、事務所からは「赤字歌手」と言われたことが明らかになり、“ガスライティング”、“奴隷契約”などの疑惑が浮上。

議論が広まると、事務所代表のクォン・ジニョンは「イ・スンギ氏関連の争いに対し、完全に責任を負う姿勢であり、回避せず個人財産を処分してでも支払う」とコメントした。

現在クォン氏はイ・スンギへの未払い問題に加えて、横領疑惑も勃発している状態だ。

(TOPSTAR NEWS ハン・スジ記者/翻訳:Danmeeニュース部)

TOPSTAR NEWS 提供
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。




[/expander_maker]

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs