女優のシン・ヘソンが、マスクブランドのモデルに抜擢されたが、消費者から「歴史歪曲や歴史卑下してるドラマの出演女優がモデルだなんて‥」など、不満の声が相次いでいる。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

女優シン・ヘソンが、マスクのブランドモデルに抜擢されたことに消費者が不満を漏らしている。

シン・ヘソン

女優シン・ヘソン、マスクブランドモデルに抜擢されるも、不満の声拡がる。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

シン・ヘソンは最近、ヘルスケア専門企業”WE MUST M(ウィ・マストエム)”のマスクブランドモデルに抜擢された。ブランド側は、彼女をモデルに選んだ理由について『社会的弱者のために、”善良なマスク寄付キャンペーン”を展開しているブランド哲学と、彼女の善良なイメージがよくマッチしている」と説明。

しかし、SBSの月火ドラマ『朝鮮駆魔師』が最近、視聴者から歴史歪曲や*東北工程だという強い抗議を受け、放送中断が決定する中、脚本を執筆した作家パク・ゲオク氏の前作、『哲任王后』に出演したシン・ヘソンをモデルに抜擢したことに対して、消費者が抗議し始めたのだ。

*東北工程:中国が、高句麗(こうくり)・渤海(ぼっかい)の歴史を自国の歴史に編入しようとする歴史歪曲のこと。

彼女は、昨年12月から今年2月まで、全20話で放送終了したtvNドラマ『哲任王后』で、キム・ソヨンを演じた。放送に先立って行われた制作発表会で、この作品を選んだ理由について、「台本を受け取った時、私が出演しなくても、視聴者として楽しく見ることができると思った。それでも出演を決めたのは、やらなければ後悔すると思ったから。ほかの俳優が演じている姿を見たら、悔しい思いをしそうだった」と発言。その口ぶりや、歴史歪曲で話題になったドラマに出演したことで「モデルにふさわしくない」という反応に結びついている。

消費者は、「韓国には良いモデルが多いのに、なぜよりによってこの人なんでしょう?」「モデルのせいで中国が思い浮かんで、製品を信頼できません」「モデルを見ると、中国産に思えてしまう」「歴史歪曲や歴史卑下してるドラマの出演女優がモデルだなんて‥」「市場調査をした上で、モデルを選んでください」「広告モデルを変えてください」「東北工程の先頭に立つ売国女優が広報するマスクを、一体誰が使いますか?」など、問い合わせ掲示板には、モデルの交替を求める書き込みが相次いでいる状況。

『朝鮮駆魔師』のパク・ゲオクが脚本を担当した『哲任王后』は、中国の人気ドラマ、『太子妃升職記』のリメイク放映権を購入して企画された作品。特にドラマの原作小説『和親姫』を書いた作家が”嫌韓”だという事実が知られており、実際の小説でも、韓国に対する否定的な発言があるため、放送前から論争が起こっていた。

騒動の中、放送された『哲任王后』は放送当時、朝鮮王朝実録の卑下、実在人物と歴史歪曲で誤った演出、現在の文化遺産をけなすなどで、”嫌韓作品”として批判が続いた。しかし、ドラマが放映されると、フュージョン時代劇のコメディードラマとして成功を収め、以後東北工程および歴史歪曲に対する論争は、葬られたまま20話が終了。その後、エピローグや、俳優たちのコメンタリーまで編成され、話題を集めた。

なお、『哲任王后』は、歴史歪曲で論争の的となっているにも関わらず、放送終了後の現在もtvNで再放送されている。



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国女優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース