• 『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』で、爆発的人気を集めたパク・ウンビンの次期作が『無人島の歌姫』に決まった。
  • パク・ウンビンは島出身の女性で、つらい現実でも笑顔と希望を忘れない、ソ・モクハを演じる。
  • 同作はキャスティングが確定した後、2023年の上半期に撮影を開始する予定だという。

『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』で、爆発的人気を集めたパク・ウンビンの次期作が決定した。

パク・ウンビン

パク・ウンビンが、ドラマ『無人島の歌姫』で歌手を夢見るモクハを演じる事が決まった。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

2月9日、Kakao(カカオ)エンターテインメントは「パク・ウンビンが、ドラマ『無人島の歌姫』の出演を決めた」と発表。

同作は、パク・ウンビン扮する少女モクハが、歌手を夢見てオーディションを受けるために上京するも、無人島に座礁。15年振りに救助され、再び歌手になるために挑戦するという、ヒューマン感性ドラマだ。

格別な企画力で、Disney+『RACE』『最悪の悪』『他人』、Netflix『Song of the Bandits』など、しっかりしたラインアップを完成したBaramピクチャーズが、Kakaoエンターテインメントとタッグを組み制作される。

blank

制作陣の面々も華やかだ。MBC『ビッグマウス』、tvN『ホテルデルーナ』などを手掛け、視聴者から愛されたオ・チュンファン監督が演出を引き受け、SBS『ピノキオ』を執筆したパク・ヘリン作家が、脚本を担当する。

2人はこれまで、SBS『あなたが寝てる間に』やtvN『スタートアップ:夢の扉』で呼吸を合わせ、今回が3作品目のタッグだ。

パク・ウンビンは島出身の女性で、つらい現実でも笑顔と希望を忘れない、ソ・モクハを演じる。

モクハは15年振りに無人島から救出された後、新たに向き合った見慣れない世界で誰よりも1日を大切にし、日々を喜びで満たしていきながら、歌手という夢に向かって一歩ずつ進んで行く人物だという。

パク・ウンビンは「しっかり準備して、モクハと一緒に帰ってきます」と意気込んでいる。

『無人島の歌姫』は、パク・ウンビンをはじめとするキャスティングが確定した後、2023年の上半期に撮影を開始する予定だ。

(スポーツ韓国 チョ・ウネ記者/翻訳:Danmeeニュース部)

한국미디어네트워크 提供
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs