パラレルワールドを舞台に描く本格サスペンスアクション『Train(原題)』が、11月よりKNTVにて日本初放送される。

ユン・シユンが主演を務めるドラマ『Train』(原題)は、パラレルワールドを舞台に描いた本格サスペンスアクション。

演技力に定評のあるユン・シユンが、正義感溢れる刑事と汚職刑事、一人二役に扮して鬼気迫る熱演を披露。

A世界とB世界が入り乱れる中で、12年前の殺人事件の真相を追う。ドンデン返しの連続や、意外な犯人の正体が大きな話題に!

『Train』(原題)

(写真提供:©STUDIO DRAGON CORPORATION)

(写真提供:©STUDIO DRAGON CORPORATION)

2008年、女子高生のソギョン(子役:イム・チェヒョン)は家で父が殺害されているのを発見。時を同じくしてドウォン(子役:イ・ミンジェ)も父を亡くす。時は流れ12年後、ソギョン(キョン・スジン)は検事となり、刑事として働くドウォン(ユン・シユン)はソギョンを心配し見守り続けていた。

お互いに特別な感情を抱く2人だったが、ドウォンはある理由からソギョンを突き放す。ある日犯人を追跡中にドウォンは、廃駅で白骨化した遺体を発見。連続殺人事件として捜査に乗り出すことに。同じく現場に向かったソギョンは義弟のソンウク(チャヨプ)が連続殺人事件の犯人で、12年前に父を殺した真犯人なのではないかと疑う。だが、ドウォンは12年前の事件の犯人は自分の父で、罪悪感からソギョンを見守ってきたと明かす。

衝撃の事実にショックを受けるソギョンだったが、ドウォンの父の無実を信じ独自に事件を調べることに。そんな時、廃線のはずの線路に突如列車が現れる。そして列車から降りてきた何者かに撃たれソギョンは命を落とす。打ちひしがれるドウォンだったが、残されたソギョンの留守電から、ソギョンを殺した犯人と12年前の犯人が同一人物だったと確信する。だが、犯人逮捕に執着するあまりドウォンは行き過ぎたやり方で、捜査から外されることに。

ソギョン亡き後、絶望したドウォンは一人、彼女の亡くなった廃線で命を絶とうとする。するとそこに突然列車が現れ、亡くなったはずのソギョンが乗っているのを発見! 列車に飛び乗るドウォン、しかしその列車はパラレルワールドにつながるTrainだった。そして列車には自分と同じ顔をし、殺人容疑で追われるもう一つの世界のドウォン(ユン・シユン/二役) がいて‥。動揺するドウォンの前に、亡くなったはずのソギョンと瓜二つの刑事(キョン・スジン/二役)が逮捕しようと追ってくる。

放送情報

放送日時:11月7日(土)日本初放送スタート
毎週(土) 午後8:00~10:30(2話連続)ほか 全12話

出演者:ユン・シユン、キョン・スジン、シン・ソユル ほか

『恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ』(原題)

(写真提供:©MBC PLUS)

(写真提供:©MBC PLUS)

精神科医のガンウ(チ・ヒョヌ)は演劇を取り入れた治療法で、道端で患者の治療のためにDV彼氏を演じていた。そこに通りかかった小説家を夢見るナウン(キム・ソウン)は勘違いし、ガンウに飛びかかる。怒ったガンウとナウンはそのままケンカ別れする。その後ナウンは住んでいたアパートが崩壊し、長年の親友ヒョンジン(ゴニル/Funky Galaxy)が住むシェアハウスにしばらく居候することに。だがシェアハウスで何故かナウンはガンウと再会! 実はガンウとヒョンジンは隣の部屋に住む親友だった。

こうしてシェアハウスを舞台に3人の同居生活がスタートする。数年前に彼氏と別れてからは恋愛休憩中のナウンと、自分の恋には興味がないガンウ、そしてナウンとの仲を怪しまれ彼女にフラれたヒョンジン。恋愛は苦手だけど、心の内には寂しさを抱える3人の関係の行方は‥。

放送情報

放送日時:11月23日(月祝)日本初放送スタート
毎週(月) 午後8:00~10:30(2話連続)ほか 全10話予定

出演者:チ・ヒョヌ、キム・ソウン、ゴニル(Funky Galaxy)、ゴンチャン(B1A4) ほか
■#1カメオ出演:サンドゥル(B1A4)