2016年名誉消防士に任命されたパク・ヘジンが、新ドラマで消防士役に挑む。

俳優パク・ヘジンが、新ドラマ『シークレット(仮題)』を通じて消防士に変身する。

新作ドラマで消防士役に挑戦するパク・ヘジン

新作ドラマで消防士役に挑戦するパク・ヘジン(写真提供:スポーツ韓国)

パク・ヘジンは15日、京畿道(キョンギド)南揚州市(ナムヤンジュシ)首都圏119特殊救助隊で行われた特殊救助隊訓練現場公開および記者会見に参加し、ドラマ『シークレット(仮題)』に出演することになったきっかけを語った。

以前、消防庁の名誉消防士に任命され普段から消防士たちの処遇改善のために努めてきたパク・ヘジンは、「このような活動をしているからといって消防士の役割を選んだのではなく、偶然良い作品と出会い、その縁で出演することになった」と語った。

さらに「今回の作品を通じて、人間らしい一面をお見せすることが出来そうだ」と付け加えた。

パク・ヘジンは2016年から持続的に消防署員のための寄付と奉仕活動に参加しており、その功労を認められ昨年11月には名誉消防士に任命され消防士の役と格別な縁があることを見せた。

名誉消防士らしく今回の作品に臨むパク・ヘジンの覚悟も格別で、「作り出した消防士でなく、本当の消防士の姿お見せする。消防士の方々と訓練を受け体験してきたため、そのままの姿を披露出来るよう努力する」と付け加えた。

ドラマ『シークレット(仮題)』は、現実的な欲望にまみれた人物たちが、それぞれ不幸な記憶により心に傷を負いながら「森」という空間に集まり、治癒しながら幸せの本質を知っていく物語で、全20話で構成される予定だ。

パク・ヘジンは劇中、ヘリコプターに乗って人を助ける119特殊救助隊員カン・サンヒョク役を演じることとなる。


パク・ヘジン 新作ドラマ「シークレット」記者会見
[reaction_buttons]

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs