昨年8月に俳優アン・ジェヒョンとの離婚騒動で多くの注目を集めた女優 ク・ヘソン。騒動以降地上波の番組に出演していなかった彼女は5日およそ6カ月ぶりに地上波の芸能番組に姿を見せた。放送内で離婚騒動について言及した彼女には多くの関心が寄せられたが..

女優 ク・ヘソンが韓国の芸能番組に出演し、注目を集めた。

8月に俳優 アン・ジェヒョン(ハングル 안재현)との離婚騒動で大きな注目を浴びた女優ク・ヘソン(ハングル 구혜선)。
最近もイギリスに語学研修に行くことを意味深な文章で発表し、再び世間からの関心を集めた。

彼女に対し世間の関心が高まっていた中、過ぎた5日韓国の芸能番組「本格芸能真夜中」でク・ヘソンがインタビューに応じた様子が放送された。

離婚騒動後初の地上波に出演したク・ヘソン

離婚騒動後初めて地上波の番組に出演する事となったク・ヘソン(出典:ク・ヘソン公式INSTAGRAM)

離婚騒動以降、YouTubeで配信される番組には出演していたものの、地上波での番組には出演していなかった彼女。
そんな彼女が地上波で放送される番組に登場する事が発表されるや否や、ネット上からは良くも悪くも高い関心が寄せられた。

多くの注目が集まる中放送された「本格芸能真夜中」では彼女が捨て犬保護施設に訪れている様子が映し出される事に。
捨て犬の世話を行っているという彼女は、捨て犬が抱える傷に寄り添い、理解しようとする姿を見せた。

その後、離婚騒動の際から現在の自身を振り返りながら「6ヶ月間悪夢を見ているようだ」と語ったク・ヘソンは現在もその夢の中にいる様だと話した。
またインスタグラムにて過激な暴露などを行った経緯を語る際には“頼る場が無く大衆に頼り切ってしまった”と明かしながら、過去の自身の行動を“幼稚で恥ずかしい”と悔いた。

現在離婚訴訟中のアン・ジェヒョンが所属していた事務所と離婚騒動が起こる2ヶ月前の6月に専属契約を結んでいた彼女。
騒動が起こった後、アン・ジェヒョンと共に長く仕事をしていた人ばかりの事務所内で、頼れる人が存在しなかったため、事務所を通じて報道資料を出すことも出来ない状況にいたとのこと。
当時を振り返って「わらをも掴みたい気持ちだった」と語ったク・ヘソン。

だが、彼女は世間に対し「疲労を与えていたら大変申し訳ない」と謝罪することを忘れなかった。

アン・ジェヒョンについては“思いやりを抱いていただけに裏切られたという気持ちと憎悪の気持ちが大きかった”と言及した彼女。
しかし最後に彼女は“新しく始めなければ後退してしまいそう”と語り、先日インスタグラムでも明らかにしていた語学研修に行く計画を話すと共に“今後自身も良い活動を沢山したい”と前向きな気持ちを語った。

放送終了後、Twitterなどでは番組を見た人々からは

「ク・ヘソンのインタビューを見て涙が出た…」
「ク・ヘソンは半年ぶりにテレビに出たって言ってたけどアン・ジェヒョンはよくテレビに出ているよね…悪いのはアンジェヒョンなのに」
「前向きに新たな道を歩もうとする姿が格好いいと思った」

という彼女に同情する声や、現在の彼女の姿を称賛する声が聞かれることとなった。

放送の中では騒動後からこれまでアン・ジェヒョンと会ったり対話をしたりという事は一切無かったということを明かしたク・ヘソン。
そんな彼女は淡々とした口調で「いつかは会うことになるでしょう。裁判所で会うでしょう」と語っており、この彼女の言葉からは今後も2人の離婚問題には多くの関心が寄せられる事が推測された。


「本格芸能真夜中」のカメラの前で離婚騒動の心境を語るく・ヘソン(動画出典:SBS Entertainment