女優ク・ヘソンが、自身のSNS(インスタグラム)を通じて、夫のアン・ジェヒョンを思わせる「ホテルの写真」を投稿。騒ぎになると該当の掲示物を削除し「夫への腹いせ。彼を恨み、彼が壊れることを願った」と心境を伝え、ネットユーザーに衝撃を与えた。

女優ク・ヘソン(ハングル 구혜선)が、裁判所に提出したという謎の「Wホテル」の写真を削除し、現在の心境を吐露した。

ク・ヘソンは10月11日午後、自身のインスタグラムに「Wホテル」のガウンを着た“誰か”の写真と共に、「新曲「死ななければならないでしょうか(죽어야하만 하는가요)」で公開しようとしたジャケット写真です。裁判所には計4枚(の写真)を提出しました。表記された日は音源リリース日です」という文章を投稿した。

謎のインスタを投稿したクヘソン

ク・ヘソンのインスタに投稿された謎の「Wホテル写真」(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:ク・ヘソン Instagram)

Wホテルのガウンを着た人が誰なのかは明らかにしなかったが、ク・ヘソンは以前、離婚の理由が夫のアン・ジェヒョン(ハングル 안재현)の浮気だと主張。

アン・ジェヒョンが、ある女優とホテルでガウンを着たまま夜食を食べる写真を発見し、証拠として裁判所に提出すると暴露したことがある。

ク・ヘソンの投稿を見たネットユーザーたちは、

「この写真が浮気の証拠写真ですか?」
「ガウンを着た人の正体は誰かしら」
「Wホテルはどこにあるんだろう」
「衝撃的な写真ですね..」

などの反応を寄せて、ホテルのガウンを着た謎の人物が一体誰なのかイシューを呼び集めた。

しかしク・ヘソンは、この騒ぎを知ると「Wホテル」の投稿を削除。

その後、自身のインスタグラムを通じて「本当に変です。彼は結婚生活に忠実ではなかったし、浮気が疑われる状況も分かるようにしました。お酒に酔って暴力を振るったにも関わらず、人々は私が彼を怒らせたと思っています」という長文を投稿し心境を伝えた。

さらに「正直、私は家事に疲れて彼に気を遣ってあげることが出来ませんでした。彼も私に耐えていたのでしょうが、彼に耐えて生きてきた私に離婚の通知はとても苛酷なことでした」と付け加えた。

また「3年間一緒に暮らしながら、いつも私たちがお互いを嫌っていたわけではありませんでした。長い間、私たちはお互い愛し合って幸せでした。そのため、この状況が納得し難い点でもありました」と打ち明けた。

最後に「私は今まで彼を恨み、彼が壊れることを願いました。もう私は十分に腹いせをしたので、もう彼が二度とここに現れることはないでしょう。もうこれ以上彼を愛していないので」とし、アン・ジェヒョンに関連する内容は今後投稿しないという雰囲気を漂わせた。

ク・ヘソンは、今年8月から自身のSNSを通じてアン・ジェヒョンとの不仲を暴露し、結婚から3年で離婚の危機に置かれている。

一方、アン・ジェヒョンは先月9日、ソウル家庭裁判所に離婚訴訟委任状を提出したことで法廷争いにまで発展。

しかし、ク・ヘソン側は、離婚の帰責事由(法的に責任を負わせる事由)がアン・ジェヒョン側にあると主張している状態だ。