俳優のチ・チャンウクが、自身のインスタグラムストーリーを通じてタバコを吸う姿を公開しファンたちに衝撃を与えた。喫煙する姿に大人の色気が漂うチ・チャンウクだが、一方では眉をひそめるような反応も聞かれることに。しかしドラマの撮影時には相手女優が不便に思わないようタバコは吸わないようマナーを守り、配慮する様子が伝えられたことがある。

俳優チ・チャンウク(ハングル 지창욱)が、タバコを吸っている映像を投稿し、インターネットユーザーの間で賛否が広まっている。

12月19日、チ・チャンウクは自身のインスタグラムストーリーに、「すごく寒くて眠れないけど幸せです」という文章と共に、強い風に吹かれながら咥えタバコで煙を吐き出し、カメラを見つめて近況を伝えた。

自身のインスタグラムストーリーに喫煙する様子を投稿したチチャンウク

自身のインスタグラムストーリーに喫煙する様子を投稿したチ・チャンウク(画像出典:チ・チャンウク Instagram Stories)

この映像を見た一部のインターネットユーザーたちから「タバコ自体は苦手だけど、チャンウクさんなら許せる」「ちょっと衝撃を受けたけど、すごく似合ってる!」「煙を吐き出す吐息がセクシーすぎてカッコよすぎた!」「チャンウクさんは何をしてもイケメン!」「まるでドラマのワンシーンのよう」などの意見が寄せられた。

しかし一方では、「チ・チャンウクさんは大好きなのに。タバコは反対派です」「チャンウクさんタバコ吸うんですね。ちょっとショック」などの意見も寄せられ、韓国のネットでは青少年でも簡単に見られる開放的な空間で芸能人が喫煙映像を公開したことは軽率だという意見と、SNSに掲載することはチ・チャンウクの自由だという賛否が広まっている。

これに先立ち、チ・チャンウクは2015年に放送されたKBSドラマ「ヒーラー~最高の恋人~(原題 힐러)」の撮影当時、インタビューを通じてタバコについて言及したことがある。

チ・チャンウクは当時、「ザ・ファクト(THE FACT)」とのインタビューで「時々友人たちから“キスシーンって、やっぱり良いのか?”と大人気ない質問をされるのですが、僕はキスシーンが本当に難しいです。とても用心深くて敏感な撮影です」とコメント。

さらに「実際のガールフレンドでもないので、相手の女優さんが不便だったらどうしようとか、傷ついた気持ちになったりしないかと心配になり、タバコを吸わずに配慮しようと努力しています」と、相手女優であったパク・ミニョンに最大限のマナーを守り配慮をしたと打ち明けたことがある。

一方、これまで母性本能をくすぐる演技や、華麗で切れのあるアクション演技などで、いまや韓国ドラマ界では無くてはならない存在となったチ・チャンウク。

今年4月の除隊後にtvNドラマ「僕を溶かしてくれ(原題 날 녹여주오)」に出演して、除隊後の復帰を成功させた。

日本にも多くのファンを持つチ・チャンウクは、2020年1月10日にパシフィコ横浜・国立大ホールでアジアファンミーティングツアー「Waiting for you」を開催する予定で、除隊後より一層成長したチ・チャンウクが見られると、早くも日本のファンたちから多くの期待と関心が寄せられている。