• “アジアのプリンス” チャン・グンソクの新作ドラマが制作される。
  • キャスティングにはチャン・グンソクの他に、ホ・ソンテやイ・エリヤなど、個性豊かな俳優陣が名を連ねている。
  • 今回は、いくつかのヒントを元に『犯罪の年代記』のストーリーを大胆予想してみる。

「チャン・グンソク、4年ぶりのドラマ出演決定!」

去る8月、韓国メディアは一斉にトップスターのドラマ復帰を知らせた。

そのスターとは、“アジアのプリンス”というキャッチコピーで親しまれているチャン・グンソク。

[expander_maker id=”1″]

兵役義務などで、長期間“韓国ドラマ”という大舞台から遠ざかっていたスターの帰還は、世界のドラマファンを興奮させた。

彼が主演を務める新作タイトルは『犯罪の年代記』。その物々しい字面からは、韓国ドラマが得意とする“ハイパーリアリズム”の匂いが漂う。

キャスティングにはチャン・グンソクの他に、ホ・ソンテやイ・エリヤなど、個性豊かな俳優陣が名を連ねているが、ストーリーについてはベールに包まれている。

ということで今回は、韓国ドラマ、中でもサスペンスドラマの“あるある”に詳しい(と自負する)私が、いくつかのヒントを元に『犯罪の年代記』のストーリーを大胆予想してみようと思う。

あくまでも独断と偏見による予想なので、面白半分で読んでいただけるとありがたい。

ヒント1:ドラマのタイトルにある’年代記’というワード

まず、タイトルに入っている“年代記”というワードから。

この“年代記”は「歴史上の出来事を年代順に記したもの」という意味を持つが、韓国ドラマや映画では「先代の因縁や犯罪が、後代にも消えずに続いていく」という意味でよく使われる。

パク・ソジュンが出演した映画『悪の年代記(邦題:悪のクロニクル)』((C)2015 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED)

パク・ソジュンが出演した映画『悪の年代記(邦題:悪のクロニクル)』((C)2015 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED)

このワードから推測できるストーリーとしては、以下の5つ。

・過去の未解決事件と同じ手口の犯罪が現代でも起きる。

・事件の真犯人が、実は登場人物の家族関係だった。

・正義の味方だった登場人物が、過去の事件を隠ぺいせざるを得なくなり、葛藤する。

・もしくは、不可解な死を遂げた登場人物の家族が、実は当時の事件の被害者だった。

・事実を知った登場人物は、法ではなく復讐という手段を選ぶ。

ストーリーの大筋は、上記のいずれかになると大胆に予想する。

ヒント2:最新韓ドラのトレンドは“黒化”

最新韓国ドラマのトレンドは“黒化”だ。

“黒化”とは、善良な主人公が、何かをきっかけに“眠っていた悪の心”を目覚めさせてしまうという意味で使われる。

もし本作で、主人公が“黒化”していくというストーリーが盛り込まれるとしたら、チャン・グンソクの起用は大いに納得できる。

なぜならチャン・グンソクは、“善”と“悪”を演じることが可能な人物であり、立体的なキャラクターを作る事に長けている、数少ない俳優であるからだ。

もしかしたら、子どものように無邪気な笑顔を見せながら、陰では不気味な笑みを浮かべているチャン・グンソクが見られるかもしれない。

カン・ハヌルの"黒化"・・これまで見たことのないダークな一面を見せると予告したドラマ『インサイダー』ポスター。

カン・ハヌルの”黒化”・・これまで見たことのないダークな一面を見せると予告したドラマ『インサイダー』ポスター。(画像出典:JTBC 公式Facebook)

ヒント3:実話に基づいたストーリー

本作は、韓国で起きた実際の事件をモチーフにしている。

果たして、その事件とは‥?

1990年以降、韓国の長期未解決事件の数は、100件を超える。

中でも韓国人の脳裏に残っている未解決事件の一つが、“済州弁護士殺害事件(1999)”だ。

当時、済州知事の不正選挙と汚職事件について、何らかの情報を掴んでいたであろう弁護士が殺害された事件である。

同弁護士(被害者)は、暴力団のホテル買収を巡る争いにも関与していたと見られており、地域の政治家と暴力団との蜜月関係も囁かれていた。

"済州弁護士殺害事件" 当時の新聞報道

“済州弁護士殺害事件” 当時の新聞報道(画像出典:NAVER)

『犯罪の年代記』で、チャン・グンソクは“弁護士出身の刑事役”に扮すると伝えられているが、どうやらここにヒントが隠されている可能性がある(と思う)。

モチーフにしている長期未解決事件が、韓国全土を震撼させた“済州弁護士殺害事件”であると大胆にも予想してみる。

***

主演のチャン・グンソクと共に、本作のストーリー展開に欠かせないのが、ホ・ソンテとイ・エリヤの存在だ。

ホ・ソンテ

ホ・ソンテ(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

両者は善と悪の境界線を、ギリギリに辿る“キャラクター性”があるため、物語の行方は最後まで油断できない。

以上が、独断と偏見による、チャン・グンソク新作ドラマ『犯罪の年代記』予想である。

もちろん、この予想がズバリ的中する事を祈っているが、その一方で、予想を覆すような衝撃的な作品の出現を期待する気持ちもゼロではない。

その全貌が明らかになった時、この記事で綴った要素がどれくらい的中したのか、楽しみなのである。

編集長コラム

Danmee編集長のコラムです。韓国芸能界の出来事やネットの話題を分かりやすく解説しております。日本のマスコミが滅多に取り上げない様々な韓国情報を読者の方々と共有していきたいと思います。

記事一覧を見る(1231件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs