• 3月も半ばとなり、別れと出会いがやってくる時期となりました。
  • 悲しみや寂しさが増す時期でもありますが、新たな出発や出会いにワクワクさせるのもいいのでは。
  • 2024年4月にCSで放送開始!春ロマンスの訪れを告げる青春韓国ドラマ3選をご紹介。

別れと出会いが混在するシーズンが到来。

人生は始まりと終わりの繰り返しと分かっていながらも、いざそのような局面に直面すると悲しみや寂しさが倍増しなかなか立ち上がれないという方も多いかと思います。

しかし始まりには、新たな可能性を広げてくれるスタートというものが潜んでいます。卒業など別れの悲しみに浸りながらも、新たな出発・出会いにワクワクさせてみるのはいかがでしょうか。

そこで今回は、新たな出発を切るあなたにおすすめする「青春」韓ドラをご紹介。

2024年4月にCSで放送開始する、春ロマンスの訪れを告げる青春韓国ドラマ3作品に厳選してお届けします。

 

『ブラームスは好き』(SBS/2020/全16話)

最初にご紹介するのは、キム・ミンジェ×パク・ウンビン主演の『ブラームスは好き』。

“音楽”をテーマにした本作は、天才ピアニストと落ちこぼれバイオリニストの成長と愛を描いた青春ロマンスです。

来月11日より、TBSチャンネル1にて第1話よりお楽しみいただけます。

●日本放送情報:TBSチャンネル1/2024年4月11日(木) 深夜3時30分~

画像出典:SBS
ブラームスは好きですか?
ロマンス
SBS/2020/全16話

あらすじ

大学卒業を控えたチェ・ソンア(パク・ウンビン扮)。周りの進路先が決まる中、なかなか決まらない彼女は文化財団でインターンとして働くことに。そこで、帰国した世界的ピアニストのパク・ジュニョン(キム・ミンジェ扮)と出会う。それぞれ悩みを抱えた者同士、次第に距離を縮めていくのだが・・。

キャスト

パク・ウンビン、キム・ミンジェ、キム・ソンチョル、パク・ジヒョン、イ・ユジン 他

最高視聴率・受賞歴など

6.3%

口コミ

「静かな雰囲気の作品」
「とにかく泣ける」
「もどかしいけどゆったりと観られる」

予告映像


動画出典:PLAN Kエンタテインメント

『遠見には緑の春』(KBS/2021/全12話)

2作目は、Wanna One出身のパク・ジフン主演『遠見には緑の春』をご紹介します。

青春真っ盛りの大学を舞台にした本作は、様々な事情を抱える大学生たちの友情、恋、成長を描いた青春ドラマ。

来たる4月20日より、ホームドラマチャンネルにてご覧いただけます。

●日本放送情報:ホームドラマチャンネル/2024年4月20日(土) 4時~

画像出典:KBS
遠見には緑の春
青春
KBS/2021/全12話

あらすじ

裕福な家庭で育ち、イケメンで優しいヨ・ジュン(パク・ジフン扮)は、ミョンイル大学の人気者。しかし彼には抱えている悩みがあった。一方、成績優秀だが貧しい家庭のナム・スヒョン(ペ・イニョク扮)は、弟のためにアルバイトに励んでいた。周囲の学生と距離を置くスヒョンを見たジュンは、周りとは違う彼の姿に興味を抱くように・・。

キャスト

パク・ジフン、カン・ミナ、ペ・イニョク、クォン・ウンビン、ウ・ダビ 他

最高視聴率・受賞歴など

2.4%

口コミ

「暗い作品だけど、観てよかったと思える作品」
「それぞれが抱えている青春を丁寧に描いている」
「20代のころの青春を思い出させてくれる」

予告映像


動画出典:ホームドラマチャンネル

『チアアップ』(SBS/2022/全16話)

最後は、年末開催の「2022SBS演技大賞」で男性新人演技賞、女性新人演技賞、ベストチームワーク賞の5冠を達成した『チアアップ』をご紹介。

ハン・ジヒョン×ペ・イニョク主演の本作は、年々落ちこぼれていく名門ヨンヒ大学の応援団テイアを舞台に、大学生たちの団結力に恋、友情を描いたリアル青春ドラマです。

来月18日より、衛星劇場にて放送開始予定。

●日本放送情報:衛星劇場/2024年4月18日(木) 23時~

画像出典:SBS
チアアップ
ラブコメディ
SBS/2022/全16話

あらすじ

年々落ちぶれていくヨンヒ大学の応援団テイアに一風変わった新入生のト・ヘイ(ハン・ジヒョン扮)がやってくる。その後、続々と新入生が集まってきて・・。

キャスト

ハン・ジヒョン、ぺ・イニョク、キム・ヒョンジン、チャン・ギュリ、イ・ウンセム 他

最高視聴率・受賞歴など

3.2%

口コミ

「さらっと観れて面白い」
「青春が羨ましく感じる」
「結構いいドラマだった」

予告映像


動画出典:PLAN Kエンタテインメント

ダンミ 編集部

記事一覧を見る(2403件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs