• 数多くのチャンネルで韓国ドラマを楽しむことができるBS・CS。
  • VODが登場した今でもBS・CSで韓国ドラマを楽しみたいという韓ドラファンの方も多いのでは。
  • そこで今回は、3月CSで日本初、チャンネル初、CS初など初めて放送される韓国ドラマ8作品をピックアップ!

30以上のチャンネルで様々な韓国ドラマを堪能できるBS・CS。

韓流ブームに貢献した旧作から、超最新作まで幅広い年代の韓ドラを楽しむことができるのが、BS・CSの醍醐味ではないでしょうか。

また、手軽に視聴できるVODが主流となった現代でも、韓ドラ視聴手段として欠かせないBS・CSで韓国ドラマを楽しみたいという方も多いと思います。

そこで今回は、”初放送”韓ドラに注目!

3月CSで日本初、チャンネル初、CS初など初めて放送される韓国ドラマ8作品をご紹介します。

 

『優雅な帝国(原題)』(KBS/2023)

最初にご紹介するのは、全105話編成の『優雅な帝国(原題)』。

男女2人が繰り広げる復讐劇の本作は、来月4日よりKBS WORLDにて本放送が開始します。(第1話、2話先行放送は今月24日(土) 18時30分より)

●放送情報:KBS WORLD/2024年3月4日(月) 22時~

画像出典:KBS
優雅な帝国
復讐
KBS/2023/全105話

あらすじ

巨大な権力により踏みにじられた正義と隠された真実、失った人生を取り戻すために2人の男女が繰り広げる復讐劇。

キャスト

キム・ジヌ、イ・シガン、ハン・ジワン、カン・ユル、ソン・ソンユン 他

最高視聴率・受賞歴など

12.5%

口コミ

-

予告映像


動画出典:KBS Drama

『走る調査官~あなたの人権守ります!~ 第1話先行放送』(OCN/2019)

2作目は、イ・ヨウォン主演の『走る調査官~あなたの人権守ります!~』です。

国家人権増進委員会の調査官たちの物語を描いた本作は、来たる3月6日、30日に第1話先行で放送予定。

●放送情報:アジアドラマチックTV/2024年3月6日(水) 22時~、2024年3月30日(土) 5時~(※第1話先行放送)

画像出典:OCN
走る調査官~あなたの人権守ります!~
ヒューマン
OCN/2019/全14話

あらすじ

国家人権増進委員会で調査官として働くハン・ユンソ(イ・ヨウォン扮)。ある日、元検事のペ・ホンテ(チェ・グィファ扮)が異動してくるのだが、ユンソは彼の身勝手な行動に苛立ちを覚え・・。

キャスト

イ・ヨウォン、チェ・グィファ、チャン・ヒョンソン、オ・ミヒ、キム・ジュヨン 他

最高視聴率・受賞歴など

1.3%

口コミ

「なかなか面白かった」
「日本にはない職業をテーマにしていて斬新だった」
「話のテンポもよかった」

予告映像


動画出典:KNTV

『赤い風船 ~絡み合う糸~』(TV朝鮮/2022)

3作目は、『愛の不時着』(tvN/2019)で大人気!ソ・ジヘ主演の『赤い風船 ~絡み合う糸~』。

生活環境が異なる20年来の親友が繰り広げる愛憎劇の本作は、来月17日よりKNTVにてTV初放送を迎えます。

●放送情報:KNTV/2024年3月17日(日) 20時~

画像出典:TV朝鮮
赤い風船 ~絡み合う糸~
愛憎劇
TV朝鮮/2022/全20話

あらすじ

高校時代の同級生でジュエリーデザイナーのハン・パダ(ホン・スヒョン扮)を手伝いながら家庭教師の仕事をするチョ・ウンガン(ソ・ジヘ扮)。彼女は、彼氏クォン・テギ(ソル・ジョンファン扮)がいながらも、パダの夫コ・チャウォン(イ・サンウ扮)に想いを寄せていた・・。

キャスト

ソ・ジヘ、イ・ソンジェ、ホン・スヒョン、イ・サンウ、チョン・ユミン 他

最高視聴率・受賞歴など

11.5%

口コミ

「愛憎劇に少しのコメディ要素」
「回を増すごとにドロドロが倍増」
「昔のマクチャンを見ている感じ」

予告映像


動画出典:TVCHOSUN - TV朝鮮

『左利きの妻』(KBS/2019)

4作目は、イ・スギョン×キム・ジヌ主演の『左利きの妻』をご紹介します。

別人の顔となってしまった夫を捜す妻が繰り広げる愛憎劇。アジアドラマチックTVにて来たる3月18日に第1話先行放送、3月27日より本放送予定。

●放送情報:アジアドラマチックTV/2024年3月18日(月) 20時45分~(※第1話先行放送)、2024年3月27日(水) 8時~、2024年3月31日(日) 24時~(※本放送)

画像出典:KBS
左利きの妻
愛憎劇
KBS/2019/全103話

あらすじ

孤児院出身のイ・スホ(ソン・ウォンソク扮)の友人チャン・エスター(ハ・ヨンジュ扮)は、御曹司のパク・ドギョン(キム・ジヌ扮)と交際していたものの、彼の母の反対により別れることに。彼女を励まそうと、スホとスホの恋人オ・サナ(イ・スギョン扮)は新婚旅行に同行させる。楽しい新婚旅行も束の間、エスターがスホとドギョンを巻き込み、事故を起こしていて・・。

キャスト

イ・スギョン、キム・ジヌ、チン・テヒョン、ハ・ヨンジュ、イ・スンヨン 他

最高視聴率・受賞歴など

17.1%

口コミ

「最初からすごい始まり方」
「やることがハチャメチャで面白かった」
「少しまわりくどい気も」

予告映像


動画出典:NBCユニバーサル アジア

『Dear.M』(KBS/2022)

5作目は、パク・ヘス×ジェヒョン(NCT)主演の『Dear.M』です。

大学を舞台に、若者たちの友情・愛を描いた本作は、来たる3月19日よりKNTVにてTV初放送。

●放送情報:KNTV/2024年3月19日(火) 20時~

画像出典:KBS
Dear.M
青春/ロマンス
KBS/2022/全12話

あらすじ

先輩ムン・ジュン(イ・ジョンシク扮)に一目ぼれした大学2年生のマ・ジュア(パク・ヘス扮)に対し、幼馴染のチャ・ミンホ(ジェヒョン扮)は複雑な思いを抱いていた。そんなある日、新しいルームメイトと出会った日に、大学のアプリには恋のメッセージが投稿されていて・・。

キャスト

パク・ヘス、ジェヒョン、ノ・ジョンウィ、ペ・ヒョンソン、ウ・ダビ 他

最高視聴率・受賞歴など

-

口コミ

「後半面白くなっていって一気見」
「大学生活が楽しそう」
「大学の青春が上手く描かれていた」

予告映像


動画出典:U-NEXT韓流・アジア公式

『悪の心を読む者たち』(SBS/2022)

6作目にご紹介するのは、キム・ナムギル主演の『悪の心を読む者たち』。

韓国初のプロファイラーの葛藤を描いた本作は、来月22日よりLaLaTVにてCSベーシック初放送予定です。

●放送情報:LaLaTV/2024年3月22日(金) 22時~

画像出典:SBS
悪の心を読む者たち
サスペンス
SBS/2022/全12話

あらすじ

1990年代後半の韓国では、動機のない強姦殺人が発生していた。しかし警察は一向に犯人を逮捕できずにいた。そんな中、女性が遺体で発見される事件が起き、刑事のソン・ハヨン(キム・ナムギル扮)は、犯人とされる赤いキャップの人物を追跡するも、ともに事件を追う強力班の刑事は、被害者の恋人を容疑者候補にして・・。

キャスト

キム・ナムギル、チン・ソンギュ、キム・ソジン、リョウン、イ・デヨン 他

最高視聴率・受賞歴など

8.3%

口コミ

「観やすくて面白かった」
「淡々としているサスペンス」
「面白さもあり怖さもあり」

予告映像


動画出典:KNTV

『7人の脱出』(SBS/2023)

7作目は、オム・ギジュン×ファン・ジョンウムが主演を務めた『7人の脱出』です。

少女の失踪をめぐり、サバイバルゲームが開始するサスペンスドラマ。来たる3月23日より、KNTVにてTV初放送。

●放送情報:KNTV/2024年3月23日(土) 20時~

画像出典:SBS
7人の脱出
サスペンス
SBS/2023/全17話

あらすじ

優しい養父母に育てられたパン・ダミ(チョン・ラエル扮)。彼女は、実母のクム・ラヒ(ファン・ジョンウム扮)と一緒に暮らすことに。しかしラヒは、大富豪パン会長(イ・ドクファ扮)の孫にあたるダミを遺産目当てで引き取り・・。

キャスト

オム・ギジュン、ファン・ジョンウム、イ・ジュン、イ・ユビ、シン・ウンギョン 他

最高視聴率・受賞歴など

7.7%

口コミ

「ペントハウスみたい」
「展開が斜め上をいく」
「ものすごく面白かった」

予告映像


動画出典:PLAN Kエンタテインメント

『血も涙もなく(原題)1、2話先行放送』(KBS/2024)

最後にご紹介するのは、超最新作の『血も涙もなく(原題)』。

親の離婚により、離れ離れとなった姉妹が運命的な出会いを果たし繰り広げる愛憎劇を描いた本作は、来月30日にKBS WORLDにて第1話、2話先行放送予定です。(本放送は2024年4月予定)

●放送情報:KBS WORLD/2024年3月30日(土) 18時30分~(※第1話、2話先行放送)

画像出典:KBS
血も涙もなく
復讐
KBS/2024/全104話

あらすじ

両親の離婚により、幼少期に離れ離れとなった姉妹が再会を果たし、破局へと突き進む悲劇的な復讐劇。

キャスト

イ・ソヨン、ハ・ヨンジュ、オ・チャンソク、チャン・セヒョン、パク・シヌ 他

最高視聴率・受賞歴など

8.7%

口コミ

-

予告映像


動画出典:KBS Drama

ダンミ 編集部

記事一覧を見る(2339件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs