集団性的暴行、不法映像の流布などの容疑を受けている歌手チョン・ジュニョン、FTISLAND(エフティーアイランド)の元メンバー チェ・ジョンフン、少女時代のユリの実兄であるクォン被告など「カカオトークの集団チャットルーム」の関連者で初めて実刑が言い渡された。

お酒に酔った女性を集団で性的暴行し、性行為動画を撮影して流布した容疑などを受けている歌手のチョン・ジュニョン(ハングル 정준영)と、バンドFTISLAND(エフティーアイランド)の元メンバー チェ・ジョンフン(ハングル 최종훈)が一審で実刑を言い渡された。

実刑が言い渡されたチョン・ジュニョンとチェ・ジョンフン

実刑が言い渡されたチョン・ジュニョン(左)・チェ・ジョンフン(右)(写真提供:©スポーツ韓国)

被告人たちは容疑を否認したが、裁判所は「被告人の犯行はとても重大で深刻だ」とし、韓国のネットユーザーの間でも「実刑宣告は当然の結果」とし、被告人が言い渡された量刑は決して重い水準ではないとの意見が寄せられている。

ソウル中央地裁(カン・ソンス部長判事)は11月29日、性的暴力に関する特例法違反(カメラなどの利用撮影)などの容疑で起訴されたチョン・ジュニョンに懲役6年、また性的暴力に関する特例法違反(特殊準強姦)などの容疑で起訴されたチェ・ジョンフンに懲役5年を言い渡した。

裁判所は、彼らに各80時間の性的暴行治療プログラムと、この先5年間児童および青少年関連施設への就職制限も命令し、保護観察請求は棄却した。

裁判所はチョン・ジュニョンに対して「お酒に酔って抵抗が出来ない状態である被害者に姦淫(かんいん / 道義に背いた肉体的交渉をもつこと)をして、性行為動画などを撮影してカカオトークのチャットルームに投稿した。被害者の苦痛の程度を考えると深刻だ」と説明。

またチェ・ジョンフンに対しては「被害女性との性的関係自体が無かったと主張しているが、チョン・ジュニョンがチェ・ジョンフンと一緒に性行為をしたと述べて、これを裏付けする客観的な資料であるカカオトークの対話内容もある」とし「このような点を考慮すれば、酒に酔って抵抗出来なかった状態である被害女性をチョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンが一緒に姦淫したことが認められる」と判断を示した。

裁判所は「被告人たちは、何人かの女性たちを相手に性犯罪を犯してカカオトークのチャットルームに内容を共有し、女性たちを単に性的快楽の道具にしているように感じた」とし「被告人の犯行はとても重大で深刻であるため、厳重な処罰が避けられない」としながらも、「過去に同種による処罰の前歴が無く、誤りを反省しているという点は正常に判断する」と量刑理由を明らかにした。

この日、黒いスーツ姿で姿を現したチョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンは、裁判中ずっと暗い表情でため息をつき、実刑が言い渡されると頭を下げたり裁判所の天井を眺めたりしながら嗚咽して拘置所へ向かったという。

一方、彼らは2016年1月に江原道(カンウォンド)洪川(ホンチョン)、3月に大邱(テグ)などで、お酒に酔った女性を集団で性的暴行した容疑などで拘束起訴された。

チョン・ジュニョンは、カカオトークのチャットルームで女性たちと性行為をした事実を明らかにし、撮影した映像を投稿するなど11回にかけて動画を流布した容疑も受けている。

彼らと共に起訴された、クォン氏(少女時代のメンバー ユリの実兄)は、懲役4年の実刑を言い渡された。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。