YGエンターテインメントの前代表プロデューサーのヤン・ヒョンソク氏が、売春斡旋(あっせん)疑惑で正式立件されたと伝えられた。これにより警察は、YG事件の捜査を急加速することとなった。

東南アジアの資産家などに対する性接待疑惑を受けてきたヤン・ヒョンソク前YG代表プロデューサーを、売春斡旋(あっせん)疑惑で正式立件したと警察が伝えた。

YG ヤンサ ヤンヒョンソク

ヤン・ヒョンソク前YG代表(写真提供:©スポーツ韓国、画像出典:YGエンターテインメント)

今月17日、ソウル地方警察庁広域捜査隊はこの日、ヤン・ヒョンソク前YG代表に売春斡旋疑惑を適用し、被疑者の身分として立件したと伝えられた。

これまで捜査を開始するほどの手がかりを発見出来なかったという警察だったが、「今までヤン前代表などの陳述資料を分析した結果、被疑者として立件し、捜査に切り替える」と明らかにし、疑惑を捕らえて本格的に捜査に着手したものとみられる。

先月26日、警察で約9時間程の参考人調査を受けたヤン・ヒョンソク前YG代表プロデューサー。

ヤン前代表は、2014年に東南アジアの資産家を相手に性接待をしたという疑惑と、同じ年の10月に彼らのヨーロッパ旅行に風俗店の女性たちを動員したという疑惑などに対して調査を受けた。

当時ヤン前代表は、この接待の席には有名プロデューサーに会うために行ったと述べただけで、全ての疑惑を否認していた事が分かった。

しかし、ある韓国の芸能媒体の取材の結果、警察はヤン前代表の疑惑を把握し、ヤン前代表と風俗店の従業員などの2人を「売春斡旋疑惑」として立件したことが確認された。

また、接待を受けたという東南アジアの資産家の一行のうち1人と、風俗店の女性などの2人も「売春疑惑」で立件した。

警察は、2014年の席でのヤン前代表とYG職員の支出の内訳を把握し、接待と見られる状況を捕らえたと共に、ヨーロッパ旅行に同行した女性のうちの一部が売春を認める趣旨の供述をしたと伝えた。

MBC ストレート 性接待

MBC「ストレート」でヤン前代表の性接待疑惑が報じられてきた(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:MBC「ストレート」キャプチャー)

これまでMBC調査報道プログラム「ストレート」を通じて、性接待疑惑などが報じられ論議に包まれてきたヤン前代表。

警察は「ストレート」の報道後、疑惑の部分に対して情報提供者を通じて事実の有無を確認してきたことが分かった。

今まで特別な糸口を探す事が出来なかった警察が、この疑惑の関連者を立件したことで、YG事件の捜査に速度を上げることとなった。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。