新大久保に行くなら必須クーポン! 各種料理の割引クーポンから一品サービスクーポンまで! 今すぐチェックする人はこちら

元iKON(アイコン) B.Iの麻薬捜に介入したという疑惑が浮上したYGエンターテインメントのヤン代表について、ハン・ソヒは口を開いた。

iKONを脱退したB.Iが、麻薬入手のためにカカオトークでやり取りした相手A氏がハン・ソヒということが明らかになった。
ハン・ソヒが2016年警察調査を受けた際に「B.Iに麻薬を渡してない」と供述をひっくり返した背景に、YGエンターテインメント(以下YG)ヤン代表の慫慂と脅迫があったという疑惑も浮上している。

B.I 麻薬 YG 介入 ニュース

MBCニュースデスクは、B.Iの麻薬捜査にYGエンターテインメントのヤン代表が介入したと報じた(画像出典:MBCニュースデスク スクリーンショット)

様々な疑惑が同時多発的に持ち上がり手の施しようがないほど膨らんでいく中、渦中の人物ハン・ソヒが、韓国のMBCニュースの電話インタビューに応じ話題となった。

6月13日に放送されたMBCニュースデスクは、ハン・ソヒと電話インタビューを行い、ハン・ソヒの肉声証言を公開した。

ハンソヒ YG ヤン 捜査介入

YGの捜査介入があったとの事実を認めたハン・ソヒ(画像出典:MBC ニュースデスク スクリーンショット)

この日ハン・ソヒは「記者さんが思っているとおりです。言っても無駄です。正直(全貌を)知ってるでしょう。」とし「記事に出ているとおり」と語りながらも「会長(ヤン代表)に怒られますよ。本当に.. 今何も語れません。携帯電話番号も変えますから」とヤン代表に責されることに怯える様子を見せた。

ハン・ソヒ YG

ハン・ソヒはYGのヤン代表から怒られると口にした(画像出典:MBC ニュースデスク スクリーンショット)

このような報道を受けYG側は「ハン・ソヒに会ったのは事実」と認めながら「YG内部で麻薬検査を行ったが、B.Iに陽性反応は出てなかった。ハン・ソヒが自分の刑を軽減してもらうためにB.Iを言及したと判断し供述を正してもらうために会った」と主張した。

ハン・ソヒの代理人であるパン・ジョンヒョン弁護士は、同じ日(13日)に放送されたKBSニュースとのインタビューで「YGのヤン代表が、ハン・ソヒをYGの社屋に呼び出した。彼はハン・ソヒから携帯電話を取り上げ”(私に)あなたに不利益を与えるのは容易にできる”と脅迫を行ったとみられる」と伝えた。

ヤン代表の慫慂と脅迫はエスカレートする。
「YGのアーティストらは、麻薬検査を受けても陽性反応は出ない。定期的に検査をしている。万が一(陽性反が)検出されたら、日本に送り麻薬成分を取り除くことも可能だ。」とし「私はYG所属の芸能人が、そんな問題で警察署に行くのは嫌だ。だから、私があなたに充分な謝礼もするし、弁護士も選任してやるから、警察署に行ってすべての供述をひっくり返して」と強要したとパン弁護士が伝えた。

一方パン弁護士によると、B.Iとハン・ソヒは2016年4月頃一緒に大麻を吸引したとみられる。
なお、LSDについてもB.Iに要求されたハン・ソヒが、iKONの寮の前に行って直接渡したという証言も得たとパン弁護士は伝えた。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。
[korea_sns_button]

LINE@友だち追加