パク・ジフンが、1stミニアルバム「O’CLOCK」をリリースしソロ歌手としての道を歩み始めた。1年6ヶ月のWanna One活動が終了した後も常に話題となっていたパク・ジフンのソロデビューだけに、多くの期待が集まっている。

Wanna One(ワナワン)出身のパク・ジフン(パク・ジフン 박지훈 19歳)が、ソロ歌手としての第一歩を踏み出した。

パク・ジフンの1stミニアルバム「O'CLOCK」発売記念ショーケースが開催された

パク・ジフンの1stミニアルバム「O’CLOCK」発売記念ショーケースが開催された(写真提供:スポーツ韓国)

26日午後4時、ソウル・祥明アートセンター大ホールで、パク・ジフンの1stミニアルバム「O’CLOCK」発売記念ショーケースが開かれた。

パク・ジフン 1stミニアルバム「O'CLOCK」コンセプトフォト

パク・ジフン 1stミニアルバム「O’CLOCK」コンセプトフォト(出典:Twitter)

この日舞台に立ったパク・ジフンは「(舞台に)上がるときは緊張していないようだったのに、実際に舞台に立ってみたら震えている」と、ソロデビューの感想を簡単に語った。

パク・ジフン「(舞台に)上がるときは緊張していないようだったのに、実際に舞台に立ってみたら震えている」

パク・ジフン「(舞台に)上がるときは緊張していないようだったのに、実際に舞台に立ってみたら震えている」(写真提供:スポーツ韓国)

パク・ジフンの初ミニアルバム「O’CLOCK」は、彼が1年6ヶ月のWanna One活動を終えて初めて披露するソロアルバムだ。活動終了後にも韓国国内外で多くのスポットライトを浴びて来たパク・ジフンは、ソロデビューに対するプレッシャーはないのかという質問に「プレッシャーと心配よりは、May(ファン)のみなさんに一日でも早く会いたかった。ファンの皆さんが僕を待っていてくれる時間が辛いのではないかと思って、一生懸命準備した」と明かした。

本格的にソロ活動を始めるにあたって、見せたい姿については「かわいい姿は多くの方が見たと思う。だから今回のアルバムは神秘的な感じにしたかった」とし「礼儀正しく、可愛らしい感じもありながら、格好良い姿をお見せしたい」と語った。

パク・ジフン

パク・ジフン

(写真提供:スポーツ韓国)

また、ソロデビューを応援してくれている元Wanna Oneのメンバーたちにも言及し、感謝の言葉を伝えた。パク・ジフンは「ジソン兄さん(本名 ユン・ジソン 윤지성 28歳)とソンウン兄さん(本名 ハ・ソンウン 하성운 25歳)が応援してくれた。またジニョン(本名 ペ・ジニョン 배진영 18歳)が花輪を送ってくれた」と明かした。

続けて「ジソン兄さんは『お前を本当に応援しているから、アルバムが出たら一生懸命ストリーミングするよ』と言ってくれた。ソンウン兄さんは少し前に誕生日だったので、おめでとうという話をしている途中に、兄さんが手紙形式でソロデビューを応援してくれた」と付け加え、メンバー同士の温かい友情を感じさせた。

タイトル曲「L.O.V.E」は、さわやかなエネルギーが際立つフィーチャーR&B曲で、美しい思い出が思い浮かんで、愛をさらに育もうとする純粋な男性の、本気の告白を歌っている。

パク・ジフンは「L.O.V.E」の聴きどころについて「恋愛したいときや、愛の感情を感じたいときに聞いていただければと思う」と語った。さらにキーリングパートについては「リフレインで“僕だけの君”という部分」を紹介し、ウェーブがポイントだとしながら、振付を披露した。

最後に今回のアルバムの目標については「初のミニアルバムなので、成績のようなものは期待していない」とし「僕に隠された多様な姿が多いことをお見せしたいし、僕も『一人でもうまくできます』という姿をお見せしたい」と語った。

一方、パク・ジフンの1stミニアルバム「O’CLOCK」は、26日午後6時に各種音源サイトを通じて公開された。


パク・ジフン1stミニアルバム「O’CLOCK」のタイトル曲「L.O.V.E」MV
[korea_sns_button]

LINE@友だち追加

[reaction_buttons]