Mnetオーディション番組「PRODUCE X 101」と「PRODUCE48」で投票操作を認めたアン・ジュンヨンPDが、I.O.I(アイオーアイ)とWanna One(ワナワン)を輩出した「PRODUCE シーズン1、2」でも操作があったと認めた。このため再結成に向けて準備をしていたI.O.Iの先行きが不透明となった。

最近、Mnetサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 シリーズ」の投票操作で物議を醸しているアン・ジュンヨンPD(プロデューサー)が「PRODUCE X 101」「PRODUCE48」以外にも、「シーズン1、2」でも順位の操作があったことを認めた。

「プロデュース 101 シリーズ」アンジュンヨンPD

「PRODUCE 101 シリーズ」アン・ジュンヨンPD(写真提供:©スポーツ韓国)

11月14日、ソウル地方警察庁サイバー安全課は、アン・ジュンヨンPDが「PRODUCE 101 シーズン1、2」の投票も操作した状況を捕らえ、最終回の投票結果と視聴者投票の結果に差があることが明らかになったという。

これまでの捜査でアン・ジュンヨンPDは「PRODUCE X 101」「PRODUCE48」に対して順位の操作を認めていたが、「シーズン1、2」では操作は無かったと否認していた。

しかし、結局「PRODUCE 101 シーズン1、2」に対しても、アン・ジュンヨンPDが一部の疑惑を認めたことが報じられ、ネットユーザーの間で衝撃が走った。

「PRODUCE 101 シーズン1」ではガールズグループI.O.I(アイオーアイ)、シーズン2ではボーイズグループWanna One(ワナワン)が誕生して若者を中心に絶大な人気を集めた。

「プロデュース シリーズ」の操作疑惑が浮上する前は、I.O.Iの再結成についての議論も行われていたが、投票操作がI.O.IとWanna Oneにまで至っていたという点からI.O.Iの再結成は先行きが不透明となり、現在活発的に活動をしているこれらのグループ出身のアイドルたちにも関心が傾くことになると予想される。

絶大なる人気を集めたI.O.IとWanna One

絶大なる人気を集めたI.O.IとWanna One(写真提供:©スポーツ韓国)

警察はこの日「PRODUCE 101」の投票操作疑惑と関連し、業務妨害または詐欺・背任罪(接待を受けた疑い)・請託禁止法(不正請託や金品などの授受の禁止に関する法律)違反容疑を受けているアン・ジュンヨンPDとキム・ヨンボムCP(総括プロデューサー)を拘束して検察に送検した。

Mnet側は「今回の事態を非常に厳重に受け入れる。重い責任感と共に本当に申し訳ない気持ちでいる」と謝罪し「現在社内で責任に伴う措置、被害補償、再発防止および刷新(=さっしん / 弊害を除き去り新しいものにする)対策などを準備している」と伝えた。

今回の報道を耳にした一部のネットユーザーや「プロデュース シリーズ」のファンたちは、「参加した練習生たちは熱心に頑張っていました。全く罪はありません。全ては操作に関係していた大人たちの誤りです」とし、参加したメンバーたちを悪く言う事だけは絶対に避けてほしいと切に願う様子を見せている。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。