TWICEメンバー ナヨンが、来る6月24日にソロアルバム『IM NAYEON』を発売する。彼女を応援するファンなら注目すべきポイント3つを挙げてみる。

TWICEメンバー ナヨンのソロデビューが決定、6月24日には、ミニアルバム『IM NAYEON』を発売する。アルバムタイトルは、ナヨンの本名である”イム・ナヨン”、このタイトルには「私がまさにナヨンだ(I’m NAYEON)」というメッセージにも読み取れる。

6月24日 ソロアルバム『IM NAYEON』を発売するナヨン

6月24日 ソロアルバム『IM NAYEON』を発売するナヨン(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

ファンの間でも、TWICEメンバー初のソロデビューを飾る”イム・ナヨン”が、どんなストーリーを描くのか、期待が膨らんでいるのではないだろうか。そこで、発売前に気になるポイントを3つ挙げてみよう。

1.TWICEのイメージからは脱却するのか?

ナヨンのソロアルバム『IM NAYEON』

ナヨンのソロアルバム『IM NAYEON』(画像出典:JYPエンターテインメント)

「TWICEのイメージは?」と聞かれたら、「明るくてキュート」と答える人が多いのではないだろうか。

発売に先立ち公開されたティーザーイメージは、ピンクの花束の前に白いティーカップ、真珠のネックレス、サングラス、カラフルな色使いのネイルが写っていた。

これまでのTWICEのイメージとは特に違和感はないが、ソロデビューするからには”TWICEのナヨン”とは違う新たな一面を見せてくれることに期待したい。

2.JYP流のスタイルを貫くのか?

TWICEの所属事務所であるJYPエンターテインメント(以下、JYP)は、アーティストのスキルに合わせた曲作りのスタイルではなく、曲の雰囲気や世界観の表現に重点を置くスタイルだと言われている。

歌唱方法や表情、激しいダンスと複雑なフォーメーションなど、JYPがアーティストに求めるレベルは高く、個人のパフォーマンススキル以上のものを要求されることも多い。

ファンの間では、「CDの歌声と違う」「生歌がイマイチ」など、ステージでの歌唱力不足についての議論も度々起きているようだ。

TWICEは短期間で、JYPが求める完成度--歌とパフォーマンスのハーモニーと表現力を高めるために、かなりの努力が必要で、その負担は大きいとも考えられる。

TWICEではリードボーカルとして歌唱力に定評があるナヨン。今回は、彼女の得意なボーカルを活かす楽曲なのか、それとも曲の雰囲気や世界観を重視するJYP流のスタイルを貫くのか。

3.パク・ジニョンは新たなミューズを誕生させられるか?

JYP総括プロデューサーのパク・ジニョンは、ガールズグループブームの先駆けWonder Girlsのプロデュースを成功させてから、Miss A、TWICE、ITZYと数多くの人気ガールズグループを誕生させてきた。日本では、縄跳びダンスが大ブームとなったNiziUで見せたプロデュース力も記憶に新しい。

彼は、ガールズグループのプロデュースには特に卓越した能力を持っている。

果たして、パク・ジニョンが次はどんな芸術作品を誕生させるのか、ナヨンをどんなミューズに作り上げるのか、期待が高まる。

*ミューズ:ギリシア神話で、知的活動をつかさどる女神のこと。現代ではブランドやアート作品の象徴となる女性を指す

TWICEメンバー初のソロデビューを飾る、”イム・ナヨン”。彼女がどんなストーリーを描くのか、楽しみだ。

(投稿:酒井知亜)




TWICE

TWICE (トゥワイス / ハングル 트와이스)は、2015年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送されたサバイバルオーディション番組「SIXTEEN」を通して選ばれた9人のメンバーによって結成された。
グループ名の「TWICE(トゥワイス)」には、「良い音楽で一度、素敵なパフォーマンスでもう一度感動をプレゼントする」という意味が込められている。

TWICE 最新記事はこちら(679)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs