BTS(防弾少年団)のメンバー ジョングクが、『My Universe』のMV(ミュージックビデオ)のショートエピソード映像の中で、歌手のRAIN(ピ)の楽曲『Rainism』のダンスを踊り、視線を集めた。(記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTS(防弾少年団)のメンバー ジョングクが、“クギ(ジョングクのあだ名)ニズム”を再召喚させて致命的な可愛さを発散し、ファンの心をしっかりと掴んだ。

BTSのメンバー ジョングクは、『Rainism』のダンスを踊り、ファンの心を掴んだ

『Rainism』のダンスを踊り、ファンの心を掴んだBTSのメンバー ジョングク(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

最近、BTSは公式YouTube(ユーチューブ)チャンネルの『BANGTANTV』を通して、イギリスのバンドColdplay(コールドプレイ)とコラボレーションして発売した『My Universe』のMV(ミュージックビデオ)のショートエピソード映像を公開した。

映像の中でジョングクは、MV撮影中に突然、歌手のRAIN(ピ)の楽曲『Rainism』のダンスを踊り視線を集めた。

「bad boy~ bad boy~」と『Rainism』を歌いながら、眩しくてかっこいいダンスを披露。

ダンスをするジョングクの顔には遊び心いっぱいの笑顔が溢れ、「キャハハ」という笑い声はキュートな魅力を引き出し、ファンの心を溶かした。

その後ジョングクは、近づいてきたRM(アールエム)に、自身が着用している衣装を触りながら「こういうのって、『Rainism』の衣装じゃない?」と言い、再び「bad boy~ bad boy~」と歌いながら、しきりに『Rainism』のダンスを踊った。

これを見守っていたRMが「今のところまだ体力は十分みたい。よく寝たみたいだね?」と問いかけると、テンションが上がったジョングクが、グループの末っ子らしさ全開な声で「寝てないです」と答え、ギャップをプレゼントした。

これを見たファンは「“クギニズム”なんでそこで出るの(笑)」、「ジョングクの寝てないハイテンション、すごくかわいい」、「“クギニズム”最高だったよね。軽く踊ってもかっこいい」、「2016年『Rainism』セクシーなお兄さん、2022年『Rainism』ナイスないたずらっ子(笑)」、「5年前の『Rainism』の振り付けを記憶して、それを踊るの感動」、「ジョングク~『Rainism』のカバーもう1度しようよ」、「『Rainism』のカバーは、ジョングクについてこれる人がいない」など、様々な反応を示した。

ジョングクは、2016年に『MBC歌謡大祭典』で、RAINの『Rainism』のカバーステージを披露したことがある。

当時ジョングクは、センターで幻想的なパフォーマンスで強烈な存在感を誇り、聴衆を圧倒させ、セクシーでカリスマ性溢れるバッドボーイ(Bad Boy)の魅力で女心を虜にした。

(TOPSTAR NEWS ファン・ソニョン記者 / 翻訳:西谷瀬里)


『Rainism』を披露したジョングク(映像03:40~)(動画出典:YouTube BANGTANTV)
TOPSTAR NEWS 提供
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。




BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2751)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs