少女時代(SNSD)のメンバー ティファニーの冠番組『ティファニーと朝を』に、東京オリンピックバレーボール韓国代表のキム・ヒジン選手が出演。14日に公開された予告編で、キム選手と会話をしていた際にティファニーが見せたある行動が話題になっている。

少女時代(SNSD)のメンバーで、明るい笑顔が魅力的なティファニー。

ティファニーは少女時代のメンバー

少女時代のメンバー、ティファニー(画像出典:ティファニーInstagram)

彼女が、自身の冠番組『ティファニーと朝を(SBS)』で見せた行動に、多くのファンが感動している。

去る9月14日、『ティファニーと朝を』の予告映像には、今年開催された東京オリンピックで、女子バレーボール韓国代表として出場したキム・ヒジン選手が登場。”ノーメダル”に終わったオリンピックを回想するシーンが公開された。

キム選手は「(メダルを)首にかけて帰国したかった‥少し残念な気持ち」と言い「それでも、ベストを尽くしたので満足」と笑顔を見せる。

隣でキム選手の話を真剣に聞いていたティファニー。すると突然、自分が着用していたネックレスを外し、キム選手の首にかけた。驚いたキム選手に「高い物ではない。逆に高い物をしていた時にあげるべきなのに‥」と、名残惜しげに語る。

ティファニーは自分が着用していたネックレスをキム選手にプレゼントした

自分が着用していたネックレスをキム選手にプレゼントしたティファニー(画像出典:『ティファニーと朝を』Instagram)

ティファニーに貴重なメダル(?)を授与されたキム選手は「毎日着用する!」と約束。これにティファニーは「かわいい」と、持ち前の魅力あふれる笑顔を見せた。

2人の友情に感動したファンは、SNSやオンラインコミュニティーで動画を共有しながら「ティファニー有罪、反則!」「思わず涙が出た」「ティファニーに惚れ直した」などの反応を寄せている。

特に「高い物をしていた時にあげるべきだったのに」というティファニーの言葉に、「心臓を強く撃ち抜かれた」「(女性同士なのに)最高のロマンスを見た」と、感極まった様子を見せた。

ティファニーは、”美談製造機”としても知られている1人。特に、撮影スタッフからの証言が多い。

過去に、あるグラビア撮影に携わっていたスタッフが「気さくでかわいらしい人。彼女のように礼儀正しいアイドルはあまり多くない。私みたいな撮影スタッフにも、優しく声をかけてくれて”ありがとう”とぜひ伝えたい」と、自身のブログに綴ったエピソードは、少女時代ファンの間では有名な話だ。

いつもグループに、ファンに明るくて健康なエネルギーを伝えてきたティファニー。今回『ティファニーと朝を』で見せた心温まるエピソードで、再び美談が増えることとなった。

『ティファニーと朝を』公式Instagramを見る(外部リンク)



最新韓流とK-POPニュース

最新ニュース

おすすめニュース