少女時代(SNSD)のテヨン(ハングル 태연)が、フルアルバム2集「Purpose」でカムバックを果たした。公開されたタイトル曲「Spark(불티)」のミュージックビデオでは果敢な変身で強烈な雰囲気を漂わせるテヨン。しかし、このミュージックビデオの公開に先立ちある出来事があったのだ..

少女時代(SNSD)のテヨン(ハングル 태연)のフルアルバム2集「Purpose」が10月28日にベールを脱いだ。

タイトル曲「Spark(불티)」は、感情を揺さぶるメロディと圧倒的なボーカルが交わり、テヨンの自我とビジョンを隠喩的に表現した歌詞が印象的で、リリースと同時に熱い関心が寄せられている。

新曲で破格的な変身をしたテヨン

新曲「Spark(불티)」で破格的な変身をしたテヨン(画像出典:SMTOWN)

新曲のリリース当日、テヨン自身もとても楽しみにしていたようだが、突如所属事務所SMエンターテインメント(以下:SM)側がスケジュールを変更したことに対するテヨンの対応が話題となっている。

10月28日、あるオンラインコミュニティーに「リアルタイムでSMに腹が立っているようなテヨン」というタイトルの文章と、テヨンが自身のインスタグラムストーリーに投稿していた画像が添付された。

そこには、リリース当日「こんにちは。SMエンターテインメントです。テヨンの「Spark(불티)」ミュージックビデオが午後8時に公開される予定です。公開スケジュールが遅延してしまった点につきましてはご了承いただき、皆さま沢山の声援をお願いいたします」と事務所のコメントが記されていた。

これに対してテヨンは「テヨンが歌います..ハハハlol」というコメントをつけて投稿した。

SMのスケジュール変更に対するテヨンの反応

SMのスケジュール変更に対するテヨンの反応(画像出典:テヨン Instagram Stories)

この日、午後6時に韓国の各種音楽サイトで「Spark(불티)」のミュージックビデオがオープンになる予定だったため、テヨンは公開に合わせて午後6時前に「一緒に待とう」とインスタライブでファンとコミュニケーションを取っていたのだ。

そのため、テヨンはミュージックビデオの公開が2時間遅れになったことに、少しがっかりした心境を綴ったと見られる。

テヨンの投稿を見たファンたちも、「8時に延びたの?テヨンちゃんがインスタライブしてくれてたのに!」「オープン前に合わせてインスタライブしてくれたテヨンちゃんの気持ちを考えて~」などの反応を寄せて、テヨンに同情する様子を見せていた。

しかし、その後しっかり午後8時にBugs(バグス)、MelOn(メロン)、Genie(ジニー)などの主要サイトで公開されて、リアルタイム チャートで1位を記録。

テヨンは、再びインスタグラムストーリーにて感激した表情を作りながら「わ?1???ありがとうございます..どんな言葉を書いても表現が出来ませんね」と投稿した。

チャートで1位になった心境をSNSに投稿したテヨン

チャートで1位になった心境をSNSに投稿したテヨン(画像出典:テヨン Instagram Stories)

この一連の流れがとても愛らしく、腹が立っているように見えても(?)笑いながら対応し、何とも憎めない様子を見せるテヨン。

「Spark(불티)」のミュージックビデオでは強烈な雰囲気とテヨンの果敢な変身に視線が奪われるほどで、このようなギャップがファンを虜にさせるテヨンの魅力に思える。


TAEYEON「불티(Spark)」MV(動画出典:SMTOWN