SHINHWAのシン・ヘソンが、年末単独コンサート開催した。

韓国最長寿アイドルグループSHINHWAのメインボーカル シン・ヘソンが、年末単独コンサートを成功裏に終えた。

SHINHWA シン・ヘソン

SHINHWA シン・ヘソン(写真提供:スポーツ韓国)

シン・ヘソンは去る12月30日・31日の両日、慶煕大学平和の殿堂で年末コンサート「2018-2019 SHIN HYE SUNG CONCERT『THE YEAR’S JOURNEY』」を開催し、ファンに温かい年末の思い出をプレゼントした。

2日間にわたり行われたコンサート「THE YEAR’S JOURNEY」は、毎年行われている「HS CAMP」とともに、シン・ヘソンが毎年開催するイベントのブランドとして定着し、これを立証するかのように、両日7000人余りのファンが参加。シン・ヘソンのチケットパワーを実感させた。

この日シン・ヘソンは、ファンの熱い歓声の中登場。「그대라서(君だから)」を熱唱してコンサートの幕を開け、「Awaken」「Welcome」を歌い、コンサート序盤から会場を熱くした。

また自身が所属するSHINHWAの20周年スペシャルアルバムタイトル曲「Kiss me like that」や、IUの「밤편지(夜の手紙)」、イ・スンファンの「어떻게 사랑이 그래요(どうして愛がそうなの)」など、多彩なラインナップでファンを喜ばせた。

熱いステージが続く中、ファンにもダンス指導をして参加を促したほか、31日公演ではファンとともにカウントダウンをして、新年を迎えた。

コンサートの最後にシン・ヘソンは「挑戦するということは、美しく素晴らしいことのようだ。挑戦を通じて成功するように望み、みなさん2019年に望む願いと挑戦すべてを成し遂げて、新年福をたくさん受けてください」とし「今日この場をともにしてくれたみなさんに、心から感謝申し上げたい」と伝えた。

一方、SHINHWAデビュー20周年を有終の美で終えたシン・ヘソンは、SHINHWAデビュー21周年の今年も、グループやソロとして活発に活動を継続していく。

[korea_sns_button] [reaction_buttons]