K-POPアイドルと言えば、腕や脚の角度など細かな部分の一つ一つが揃った一糸乱れぬ振りつけがお馴染みとなっている。ある海外のYouTuberが、どれほどK-POPアイドルたちのダンスが揃っているのか科学的に分析。ここでは科学で証明された振りつけのシンクロ率が高いアイドルを紹介する。

K-POPアイドルの必須要素と言えば、一糸乱れぬキレ味抜群のダンスではないだろうか。

もちろん、数あるグループの中には自由な振りつけを追求しているチームもあるが、見ている側からしてみると、腕や脚の角度、髪の動きまで一致したダンスを鑑賞しているときは、興奮がさらに大きくなることは事実だろう。

K-POPアイドルと言えば一糸乱れぬダンス

K-POPアイドルと言えば一糸乱れぬダンス(画像出典:techie_ray Youtube capture、Pledis Entertainment)

韓国では、そういったキレの良いダンスのことを“칼군무(カルグンム)”と呼んでいる。※칼군무(カルグンム) = 칼(刃物)+군무(群舞)。キレ味抜群で、群を成して踊ること。

実際、完ぺきな“カルグンム”が話題になり、トップスターに浮上したアイドルグループも少なくない。

ここでは、1から10まで完ぺきに揃っている“カルグンム”で有名なアイドルグループの中でも、科学的に高いシンクロ率が証明されたチームを紹介する。

科学的に証明されたK-POPアイドルとは

科学的に証明されたK-POPアイドルとは(画像出典:techie_ray Youtube capture)

韓国メディアWIKITREEによると、最近あるユーチューバーがK-POPアイドルグループを対象に“カルグンム”の一致率を測定した。

このユーチューバーは「機械学習(Machine learning)と数学を使って、K-POPの男性アイドルグループの振りつけを測定した。グループに対するいかなる偏見もない数学的な計算だ」と説明した。

公開された映像の分析によると、振りつけの一致度が最も高い男性アイドルグループはSEVENTEEN(セブンティーン)で、シンクロ率95.77%を記録した。

続いて、2位TXT(93.00%)、3位Stray Kids(92.17%)、4位NCT127(91.98%)、5位NCT Dream(91.47%)、6位MONSTA X(90.36%)、7位GOT7(89.49%)、8位SHINee(89.34%)、9位BTS(防弾少年団)(87.77%)、10位EXO(86.19%)と続いており、この映像は視聴回数が130万回を越えて大きな話題になっている。※()内の数字は振付のシンクロ率。

科学的に証明されたSEVENTEEN

科学的に証明されたSEVENTEEN(画像出典:SEVENTEEN Twitter)

特に、1位に輝いたSEVENTEENは、メンバーが13名。人数が多ければ多いほど振付がバラバラに見えてしまう可能性が大きいが、彼らは完ぺきなキレのあるダンスを誇るグループとして、常に一体感のあるステージを魅せている。

多くの人数を賢く活用し、格別なスケールのステージを演出するSEVENTEENは、過去に『Pretty U(예쁘다)』で活動していた当時、まるでミュージカルを連想させるように、ソファーなどの小道具を用いた面白味のある振りつけと演出でファンを楽しませた。

今回、ダンスの一致率が科学的にも証明されたSEVENTEENは、強烈で圧倒的な“カルグンム”でカリスマをリリースしているボーイズグループだと言える。


最もシンクロ率が高いK-POPグループ(男性バージョン)(動画出典:techie_ray)

SEVENTEEN『Don’t Wanna Cry』Dance(動画出典:SEVENTEEN)

SEVENTEEN (セブンティーン)

SEVENTEEN(セブンティーン / ハングル 세븐틴 / 愛称 セブチ)は、韓国の13人組男性アイドルグループ。
Pledisエンターテインメント所属。2015年5月26日にミニアルバム『17 CARAT』発売及びデビューショーケースで韓国デビュー。
ボーカルチーム、ヒップホップチーム、パフォーマンスチームの3チームで構成され、楽曲制作から振付に至るまでメンバー自らが担当している。

SEVENTEEN (セブンティーン) プロフィール&記事(180)