5月29日にリリースされたSEVENTEEN(愛称 セブチ)の日本初のシングル「Happy Ending」がプラチナディスクに認定され、日本での熱い人気を証明した!

マルチな才能と優れたダンスの実力、13人13色の魅力的なビジュアルを持つ“セブチ”ことSEVENTEEN(セブンティーン / ハングル 세븐틴)が、日本で大きな成果を成し遂げた。

日本での人気を証明したSEVENTEEN

日本での人気を証明したSEVENTEEN(画像出典:SEVENTEEN official Twitter)

5月29日、日本初のシングル「Happy Ending」をリリースし、日本で多様なプロモーションを進めているSEVENTEEN。

13日、所属事務所によると、日本シングル「Happy Ending」が、日本レコード協会のゴールドディスク認定にてプラチナディスクに認定されたという。

日本レコード協会のプラチナディスク認定は、累積販売量が25万枚以上の売り上げを記録したアルバムに授与されるものだ。

SEVENTEENの該当シングルの売り上げ量は25万枚を軽く突破し、彼らは[wp-svg-icons icon=”twitter-2″ wrap=”i”]公式ツイッターを通じて「CARAT(ファンの総称)のみなさまの熱い応援と愛のおかげです!」と感謝の気持ちを伝えた。

プラチナディスクに認定された「Happy Ending」

プラチナディスクに認定された「Happy Ending」(画像出典:SEVENTEEN official Twitter)

これに先立ち、以前にもSEVENTEENは、デビューアルバム「WE MAKE YOU」で12万枚の売り上げを記録し、ゴールド認定を受けたことがある。

今年5月には「Happy Ending」のリリースを記念し、渋谷センター街や渋谷109にSEVENTEENのフラッグが掲示され、渋谷をジャック。

ツイッターやインスタグラムなど、各種SNS上では若い女性ファンを中心に多くの写真が投稿されて盛り上がりを見せた。

渋谷109にSEVENTEENが!!とっても誇らしいですね!!

渋谷109にSEVENTEENが!!とっても誇らしいですね!!(画像出典:SEVENTEEN ジャックキャンペーン Instagram)

それだけでなく6月9日にはNHKの音楽番組「シブヤノオト」の生放送でステージに上がり、キレのあるダンスと抜群な歌唱力を披露。

また、6月22日(土)にはAbemaTVにて「“全世界が注目する群舞”SEVENTEEN日本初のパフォーマンス特番」が放送されるなど、日本で幅広い活動を繰り広げている。

このように、驚くべき成果と共に一歩一歩着実に成長を続けているSEVENTEENが、今後どのくらいの跳躍を見せ、多様な結果を成し遂げるのか..更なる歩みが注目されている。

[korea_sns_button]

LINE@友だち追加