SEVENTEEN ジョンハンが、VLIVE放送中に卑俗語を口にした。韓国ネットユーザーとファンの間で議論が巻き起こっているなか、ジョンハンが口にした’Xになった’について考察してみた。

人気アイドルグループのSEVENTEEN(愛称 セブチ)のメンバー・ジョンハンが、望ましくない’失言’により議論の中心に立たされている。

SEVENTEEN ジョンハン

SEVENTEEN ジョンハン(出典:SEVENTEEN 公式ツイッター)

ジョンハンは5日午後、ファンコミュニティのWeverse(ウィーバス)にて「ごめんなさい、Caratたち。これからもっと気をつけます」と、自身に向けられている議論について改めて謝罪した。

これに先立ち、ジョンハンはV LIVE放送を行った。 この日ジョンハンは、同じグループのメンバー・ドギョムとオンラインゲームを楽しみ、その様子をカメラ越しのファンに配信した。

ジョンハンは、ドギョムのゲームプレーを見守りつつ、「まだだよ! ジャンプ」とアドバイスを惜しまない様子を見せたが、過度に没頭したせいか、思わず「Xになった」と卑俗語を口にしてしまった。

後にライブ放送中であることを認知したジョンハンは、手で口を塞ぐ素振りを見せながらカメラを見つめて頭を下げ「Caratの皆さん、すみません。 本当にすみません」と謝罪した。

VLIVE ジョハン

思わず卑俗語を口にしてしまったジョハン(写真出典:Youtube スクリーンショット)

一連の’失言騒動’を動画などで確認したネットユーザーらは「少し失望した」「普段の生活が見え見えだ」などの反応を見せている一方、「アイドルは卑俗語を使ってはいけないの?」「韓国人男性なら誰もが使う可愛い言葉じゃないの?」と、ジョンハンを擁護するような声も上がった。

ジョンハンが口にした卑俗語はどういう意味

「Xになった」

‘X’と書いたが、’X’は男性の性器を意味する卑俗語であるため、ハングルでも日本語でも、文章をそのまま載せることは難しい。

日本と同様(世界共通かも知れないが)、韓国にも人間の性器や排泄物にまつわる卑俗語は数えきれないほどある。「Xになった」はその一つで、思わしくない状況や展開などによく使われる。
日本語に意訳すると「やってしまった」「大変なことになってしまった」に当たる。主に男性の間で使用されているが、若い女性を中心に使う人が増えている。

‘Xになった’は酷い卑俗語?

この記事を書いている私は、韓国生まれ韓国育ちの正真正銘の’韓国男性’だ。私が「’Xになった’は卑俗語か?」と聞かれたら、卑俗語だと答える。
ただ、公序良俗を乱すような’酷い卑俗語’かと言うと、「そこまでじゃない」と答えてやりたい。

仲の良い友人や会社の同僚との間では気軽に使う言葉でありながら、誰かを誹謗中傷する時には使わず、自身の状況を嘆く時に使うため、あまり不快感を感じることもない。今回、上手く進まなかったドギョムのゲームプレーを見て’Xになった’と嘆いたジョンハンは、ドギョムの境遇を自身のもののように受け止めるという、ある種の’思いやり’も伝わってくる(大げさだが..)。



2015年韓国の有名女性お笑い芸人のチャン・ドヨンは、地上波番組(MBC マイ・リトル・テレビジョン)で’Xになった’と失言し話題となった。

韓国人気お笑い芸人 チャン・ドヨン

韓国人気お笑い芸人 チャン・ドヨン(画像出典:JTBC)

当時、放送局に多数の苦情が寄せられたが、陽気なお笑い芸人の’失言ギャグ’程度で韓国の視聴者に受け止められたのも、’Xになった’が韓国では日常的に使われているという反証ではないだろうか。悪意に満ち公共放送で’わざとらしい発言’をしたわけでない限り、日常を楽しむ陽気な若者の口癖、失言程度で理解してあげてもよいのだ。