イベント中の爆竹の音に驚き、ステージを後にしてしまったRed Velvet(レッドベルベット)ジョイ(本名 パク・スヨン / 박수영)が自身達のインスタグラムでトラウマを告白すると共にファン達に謝罪した。

Red Velvet(レッドベルベット / ハングル 레드벨벳)のジョイ(本名 パク・スヨン / 박수영)のインスタグラムの投稿に関心が集まっている。

5月11日に開催された“2019イスルライブフェスティバル(ハングル 2019 이슬라이브 페스티벌)”に参加したRed Velvet。

5月11日に開催されたイベントに参加したRed Velvetのメンバー達

5月11日に開催されたイベントに参加したRed Velvetのメンバー達(出典:Red Velvet公式Twitter)

[wp-svg-icons icon=”twitter-2″ wrap=”i”] Red Velvet 公式Twitter

その際、「Red Flavor(ハングル 빨간 맛)」を含む数曲を披露したRed Velvetだったが、最後に披露した「RBB」のパフォーマンス中にハプニングが起こった。

「RBB」のパフォーマンス終了までは順調に進んでいたステージだったが、曲終了直後に炸裂した舞台用の特効によりRed Velvetのメンバー、ジョイは酷く驚いてしまったのだ。

その後、あまりにも大きく驚いてしまったが故に取り乱した様子でステージを去り、舞台袖で酷く怯えた様子でしゃがみ込んでしまったジョイ。
そんな彼女の姿を収めた動画はネット上で拡散され、該当動画を見たファン達からは多くの心配の声があがった。

当ハプニングが起こったイベント翌日、ファン達からの心配を集めていたジョイはRed Velvetの [wp-svg-icons icon=”instagram” wrap=”i”]公式インスタグラムを更新。
投稿内でジョイはファン達に、パフォーマンス後の挨拶が出来なかったこと、心配を掛けてしまったことを謝罪すると同時に自身のトラウマを語った。

ジョイ曰く、過去に目の前で爆竹が破裂する様子を見て以来、爆竹に対し大きな恐怖心を抱くようになってしまったとのこと。
続けて、今回のイベント内で爆竹が使用されたことが予想外であったこと、驚いてしまった際に耳鳴りにまで見舞われてしまったという自身の当時の状況をファン達に伝えたジョイ。
そんなジョイは「今は善くなりました!!」と自身の無事を伝えると同時に、全てのパフォーマンスを良いものにしたいけれども、予想外の状況に直面する度にプロらしく対処出来ないという葛藤を綴った。
文章の最後では「今後はこのようなことが無くなるように気を引き締めて努力します!!」という恐怖を克服する意思を見せると共にファン達に再び謝罪をしたジョイ。

ファン達にインスタグラムを通じて謝罪を行ったジョイ

ファン達にインスタグラムを通じて謝罪を行ったジョイ(出典:Red Velvet公式INSTAGRAM)

そんなジョイに対しファン達からは
「ジョイがどうして謝らなくちゃいけないの?」
「皆怖いものはあるんだから謝らなくてもいいよ(涙)」
「自分を責めないでください。誰にだってこういうことはあります。」
等という励ましのコメントが多く寄せられた。

[korea_sns_button]

LINE@友だち追加