7月に終了した韓国のオーディション番組「PRODUCE X 101」で惜しくもX1としてのデビューを逃した9人の練習たちでファンが構成した仮想グループBY9(バイナイン)。継続して彼らのデビューを望むファン達がデビューを祈願してファンソングを作ったということが韓国ネット上で注目を集めている。

BY9(バイナイン/ハングル 바이나인)のファン達に新たな動きが見られたことが韓国ネット上で話題となっている。

PRODUCE X 101」終了後話題となったイ・ジンヒョク(ハングル 이진혁)、ク・ジョンモ(ハングル 구정모)、ハム・ウォンジン(ハングル 함원진)、ソン・ユビン(ハングル 송유빈)、クム・ドンヒョン(ハングル 금동현)、ファン・ユンソン(ハングル 황윤성)、トニー(ハングル 토니)、イ・セジン、(ハングル 이세진)、キム・ミンギュ(ハングル김민규)の9人でファン達により構成された仮想グループBY9。
“彼らのデビューの可能性が低い”という報道が行われる中でもファン達からは継続して、彼らのデビューを望む声が聞かれていた。

BY9 DEAR9 ファンソング デビュー

依然としてファン達からデビューを熱望する声が止まないBY9(出典:Mnet)

このような状況の中、本日19日、BY9のファンクラブ“DEAR9”はファンソングを自主制作する、と言う事を発表した。

「For nine」というタイトルの当曲はBY9のデビューを祈願して作られるものであるとのこと。
また今回ファンソングが作られるにあたり、とある作曲家は才能寄付という形で協力を行うようだ。

映像の作成や、広報のみならず作詞や歌唱、録音作業等を含む全ての行程がファン達により行われる「For nine」の製作。
このようなファン達の活動は非常に稀な事例なのではないかと思われる。

今回のBY9のファン達がファンソングを作成するという件に対し、ファン達からは

「ファン達のBY9への忠誠心に感動(涙)こんなファンがいるBY9がデビューしたら一体どうなるんだろう」
「私たちがこんなにも本気なんだからBY9をデビューさせて欲しい」
「デビューしてくれるなら金色の道でも花道でもプラチナの道でも用意してあげる」
「生放送で見た9人の悲しい顔が忘れられない…彼らは絶対にデビューしなきゃ」
「私たちの願いはまだ終わっていません。BY9がデビューするまで待っています」

という変わることなく彼らのデビューを熱望している声が聞かれることとなった。

このようにファン達がBY9のデビューを望む中で、BY9のメンバーとされている9人の中には広告モデルやバラエティー番組ヘの出演、ユニットデビューなどで新たな活動を行っているものも見られる。
この状況下で今後彼らが所属する各所属事務所がファン達の声に応えるのかどうかという点に注目が集まる。