IZ*ONEの宮脇咲良が、HKT48活動停止に関して、自身のツイッターに心境を告白した。

日韓ガールズグループIZ*ONE(アイズワン)の宮脇咲良が、HKT48活動停止に関して、心境を告白した。

IZ*ONE活動に専念すると宣言した宮脇咲良

宮脇咲良は25日、自身のTwitterに長文を掲載した。その中で、宮脇咲良は日本で応援するファンを気遣うことも忘れなかった。

まず「PRODUCE48で学んだ事は、48Gにいる時とはまた違うものでした。新しく出会った大切な仲間も出来ました」とし「世界に飛び出し、HKT48の看板を背負って、そしてIZ*ONEとして、沢山の人に愛されるよう頑張って、またHKT48に戻ってきます」と伝えた。

続いて「待っててくださいとは言いたくないです。IZ*ONEとしての二年半も、これからと変わらず応援してもらいたいです」とし「きっと、IZ*ONEとして、日本で活動する事もあると思います。その時は、ぜひ会いに来てください!もちろん、パスポートの用意をして韓国に来てくれたら、もっと嬉しいです」と、サングラスをかけたスマイルマークを付けて、笑いを誘った。

最後に「HKTを卒業する訳ではないので、少しの間、自分の為に、グループの為に、人生をかけて頑張ってきます」と抱負を語った。

宮脇咲良が自身のTwitterに掲載したコメント

宮脇咲良が自身のTwitterに掲載したコメント(出典:Twitter)

[wp-svg-icons icon=”twitter” wrap=”i”] 宮脇咲良 公式Twitter

宮脇咲良は、Mnetオーディション番組「PRODUCE48」に出演して、最終的に2位となり、グループIZ*ONEとしてデビューすることになった。

IZ*ONEは10月中旬に正式デビューを目指し、準備に邁進している。

[korea_sns_button] [reaction_buttons]