新大久保に行くなら必須クーポン! 各種料理の割引クーポンから一品サービスクーポンまで! 今すぐチェックする人はこちら

先日、イギリス ロンドンで単独コンサートを行い3時間にも渡って集まったファン達を大いに盛り上げたNCT127のメンバー達!そんなNCT127のメンバー達がコンサートを終えて戻ったホテル内に鳴り響いた火災警報器の音の原因は火事ではなくサセンファンだった!?

韓国内のみならず、海外でも大きな人気を誇るSMエンターテインメント所属のボーイズグループNCT127。
そんなNCT127はイギリス ロンドンで現地時間の7日に単独コンサートを行った。

およそ3時間にも渡って行われた当コンサートでNCT127のメンバー達は、23曲もの楽曲のパフォーマンスをファン達に披露。
長時間に渡ってファン達を盛り上げたNCT127のメンバー達はコンサートで全力を出し切ったであろうことが想定される。

NCT127 イギリス サセンファン

ロンドンに集まったファン達を盛り上げたNCT127のメンバー達!(出典:NCT127公式Twitter)

そんなNCT127のメンバー達はコンサートが終了した後、宿泊ホテルへと戻ることに。
疲れを癒やすために休息をとろうとしていたメンバーもいたことが考えられる中、メンバーたちの泊まっていたホテル内には火災警報器が鳴り響くこととなった。

火災警報器の音を聞き、火事が起こったと思ったホテルの宿泊客達は慌てふためく事態に。
しかし、ホテルの中で火事が起こっている箇所はどこにも見られなかった。

この火事が起こってもいないのに火災警報器が鳴った理由というのは“NCT127のファンがメンバーを見たいという気持ちから故意に火災警報器を鳴らした”というとんでもないものであった。

当ファンの身勝手な行動により、ホテルの宿泊客の中には警報器の音のために発作を起こした人もいたとのこと。
また、火災警報器が押された際にはホテル内で結婚式も行われていたようで、当結婚式も警報器が鳴ったが故に一時中断する騒ぎとなったそうだ。

自身の身勝手な欲望のためにNCT127のメンバー達、そしてホテルの宿泊客、結婚式を行っていたカップルや出席者にまで多大なる迷惑を掛けた火災警報器を鳴らしたNCT127のファン。
今回のファンの行動に対し韓国ネット上からは

「警報器の音でアイドルが驚いてしまうとは思わなかったの?ファンがする行動とは思えない」
「とてもファンがする行動とは思えない」
「模倣犯を防ぐためにもこのファンには責任を問うべき」

という批判の声がきかれた。

時に予想も付かない方法で自身の好きなアイドルを一目でも見ようとする過激なファン達。
批判コメントにもあった様に再発を防ぐためにも、このような迷惑行為を行った人物には然るべき対処がとられるようになることが最善なのであろう。