PRODUCE48にも出演していた日本人で人気アイドルグループAKB48所属の千葉恵里が出演している韓国Mnetのバラエティ番組「留学少女」。この番組の初回放送でのとあるシーンが話題となった。そのシーンとは一体..

韓国で放送中のMnetのバラエティ番組「留学少女(ハングル 유학소녀)」。
この番組の初回放送でのとあるシーンが話題となった。

現在韓国Mnetで放送中の「留学少女」

現在韓国Mnetで放送中の「留学少女」(画像出典:Mnet K-pop YouTubeチャンネル)

当番組は世界各国の少女たちが一軒の家に集まり暮らしながら、「K-POP」について学ぶプログラムだ。

サバイバルプログラムではないが、一週間に一つずつ与えられる課題を遂行し、その結果によって点数を付ける。

5月23日の初放送では、10人の少女がK-POPダンスを教えてくれるトレーナーに初めて会い、制作陣は挨拶を兼ねた実力評価として曲をランダムに流し自分の知っている曲が流れたらそのダンスを踊る”ランダムプレイダンスタイム”を設けた。

ルナ(ポーランド)、ディシ(ロシア)、リビア(スウェーデン)、ナダ(エジプト)、オリン(ノルウェー)、マリア(アメリカ)などは、BTS(防弾少年団 / ハングル 방탄소년단)の「IDOL」、Red velved(レッドベルベット / ハングル 레드벨벳)の「Peek-A-Boo(ハングル 피카부)」などの曲を完璧に踊り、ダンスの実力を見せつけた。

しかしそんな少女たちの中で、最後まで一度もダンスを踊らないメンバーがいた..。
そのメンバーとは、韓国の人気オーディション番組PRODUCEシリーズの中の「PRODUCE48」にも出演していた日本人の千葉恵里(チバ エリイ)だった。

「留学少女」に出演中の千葉恵里

「留学少女」に出演中の千葉恵里(画像出典:Mnet K-POP YouTubeチャンネル)

一度もダンスを踊らなかった彼女のために、制作陣は千葉恵里が知っているであろうBLACKPINKの「BOOMBAYAH(ハングル 붐바야)」を流したが、この曲を流した点が今回注目を浴びた。

なぜなら、「BOOMBAYAH」という曲は千葉恵里にとって悪夢のような歌であったからだ..。

「PRODUCE48」出演時、チーム別ミッションで「BOOMBAYAH」チームになった千葉恵里。
彼女の1対1アイコンタクト動画(1人だけを集中して撮影した動画)には2万件以上のコメントがつけられたが、その大多数は悪質コメントだった。

その理由は彼女の出来があまりにも悪かったから…。

この動画には「헬바야(헬:ヘル 英語でhell 地獄という意味 + 바야(BAYAH))」という致命的なあだ名がけられたとか..。


「헬바야」というあだ名がつけられたきっかけにもなった動画..

さらにこの動画はPRODUCE48の中でもっとも話題となった動画として知られ、現在150万回以上も再生されている。

PRODUCE48も留学少女と同じくMnetで放送されていた番組だ。

いくら千葉恵里がこの歌を知っているからと言って、彼女にとってあまりいい思い出ではないかもしれない曲を流す必要があったのだろうか…。

ランダムプレイダンス!
[korea_sns_button]

LINE@友だち追加