• 2014年以降デビューしたガールズグループの中で、解散を余儀なくされたグループは19組にも及ぶ。
  • この数字は、男性アイドルの9組(解散7組+契約終了2組)より倍以上だ。
  • それには3つの理由があるそうだ。

昨年、韓国芸能界で最も話題となったのは、K-POP女性アイドルの台頭である。

特に、2021年年末~2022年にデビューを果たしたガールズグループの活躍は、まさに圧巻そのものだった。

2022年デビューとともにグローバルスターとなったLE SSERAFIM

2022年デビューとともにグローバルスターとなったLE SSERAFIM(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

IVE(アイヴ)、Kep1er(ケプラー)、NMIXX(エンミックス)、LE SSERAFIM(ル・セラフィム)など、デビュー組とは思えないグローバル人気と、実力を兼ね備えたグループばかり。

「デビューと共に、“グローバルスター”というステータスへ一気に駆け上がる!」

と、華やかな側面だけが際立つK-POP界。実は、多くの女性アイドルが、試練と挫折を味わっているようだ。

2014年以降、ガールズグループは19組も解散

韓国の報道資料などによると、2014年以降デビューしたガールズグループの中で、解散を余儀なくされたグループは19組にも及ぶという。

Berry Good(ベリー・グッド)、SONAMOO(ソナム)、 CLC(シーエルシー)、APRIL(エイプリル)、BABA(ババ)、gugudan(クグダン)など、一度は名前を聞いた事のあるグループだろう。

2022年1月解散となったAPRIL

2022年1月解散となったAPRIL(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

さらに現在、事務所との契約終了により、今後の去就が不安視されるグループが3組もいる。

この数字は、男性アイドルの9組(解散7組+契約終了2組)より倍以上だ。

その理由とは‥?

解散する女性アイドルの最も多い理由1.ファンダム

K-POP界の主な顧客は、女性ファンである。

そのため、男性アイドルはファンダムが作りやすいと言われており、大衆的な人気が低くてもファンダムのサポートにより、ある程度の“運営資金”が確保できる。

一方女性アイドルはというと、大衆的なヒット曲を出さない限り、テレビ出演の機会や、ファンダムを作る機会すら保証されない。

大手事務所出身のアイドルを除き、ある程度の知名度を確保したアイドルの面々を見ると、“ヒット曲”により生き残っているケースが多い。

理由2.いじめや仲間はずれ

近年、多く報じられているのが、いじめや仲間はずれといった、グループ内の不仲問題である。

一部のガールズグルーに至っては、警察が調査に乗り出すなど、大きな社会問題となっている。

ではなぜガールズグループには、このような不仲問題が多いのだろうか。

グループ内の不仲問題でAOAを脱退したクォン・ミナ

グループ内の不仲問題でAOAを脱退したクォン・ミナ (写真提供:©TOPSTAR NEWS)

中央日報(joongang.co.kr)は、その理由を“集団生活”にあると指摘する(2020年8月報道)。

以下、記事の一部(抜粋)。

「K-POPの集団生活文化は、他の国にはない独特なものである。アイドル文化の元祖と言われる日本でも、集団生活の例は少ない。それは、集団で生活すると、自ずと上下関係ができてしまい、弱者となったメンバーは、活動期間中ずっと苦しむ事になるため。これは男性アイドルより、女性アイドルに多く見られる傾向である」

そして同メディアは、男性アイドルも同じ境遇に遭う可能性はあるとした上で、“ある違い”が両者の間にあると捕捉する。

「男性アイドルにも(同じ弊害が)もちろんある。ただ、ファンダムの規模が大きい男性アイドルは、ファンから頻繁に監視されているため、事務所側が徹底して管理している」

理由3.相対的剥奪感

集団生活による不仲問題が、女性アイドルに多い理由として、メンバー間の“人気格差”もあるようだ。

演技活動やバラエティー番組出演など、特定メンバーの“独り勝ち”はよくあるパターン。

これは、メンバーの“相対的剥奪感”を引き起こし、やがてグループ存続の根幹を揺るがしかねない“不仲問題”へと発展する。

ファンダムの規模が大きくない女性アイドルを抱える事務所は、活路を模索したり収入源を確保するために、“売れそうなアイドル”を積極的に売り込みをしなければならないという、事務所側の“お財布事情”が関係しているようだ。

編集長コラム

Danmee編集長のコラムです。韓国芸能界の出来事やネットの話題を分かりやすく解説しております。日本のマスコミが滅多に取り上げない様々な韓国情報を読者の方々と共有していきたいと思います。

記事一覧を見る(1371件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs