キム・ヒチョルがMCを務めるトークショー‘77億の愛’で、悪質な書き込みに対する対処法と処罰方法が公開される。その中でも歌手のIU(アイユー)の対処方法が良い事例としてあげられ、ファンや視聴者たちの期待が高まっている。

SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のキム・ヒチョル(ハングル 김희철)がMCとして出演している‘77億の愛(原題 77억의 사랑)’で、悪質な書き込みに対する討論が繰り広げられる。

4月20日に放送されるJTBCトークショー‘77億の愛’では、キム・ヒチョルが「悪質な書き込みをするユーザーへの対処は、歌手のIU(アイユー)さんのようにしたら良いと思います」と明らかにし、IUが行った対処方法を良い例として上げた。

IUについて語るキムヒチョル

IUについて語るキム・ヒチョル(画像出典:77億の愛 キャプチャー)

キム・ヒチョルは、番組の予告編で「IUさんは最初から善処はしません。かえって被害者であるIUさんを加害者のようにさせるような悪質なユーザーもいました」とコメント。

さらに、番組内ではIUとの対話内容を公開するようで‘悪質なユーザーへの対処はIUのように’と伝えた詳細はどういったものなのか、放送前からすでにファンたちの間でイシューを集めている。

デビュー後から悪質な書き込みに苦しめられ、着実に悪質なユーザーと戦ってきており、誰よりも強硬な対応を示して耳目を集めてきたIU。

これまでIUも他の芸能人と同じように善処をした時期もあったが、実はこの善処の対応は彼女本人の意志ではなかったという。

悪質なユーザーに強硬対応するIU

悪質なユーザーに強硬対応するIU(画像出典:IU Instagram)

これについてキム・ヒチョルは「IUさんと直接悪質なユーザーへの法廷対応について話をしたことがあります。IUさんは悪質なユーザーの行動に腹が立ち、最後まで対応しようとしていたけれど、所属事務所の関係者たちの考えによって善処する方向に変わったようです」と明らかにした。

このように善処してきたIUだったが、昨年親友のソルリ(ハングル 설리)を喪って以降、悪質な書き込みに対する社会の雰囲気が次第に変化するにつれ、強硬対応することに。

今年3月には、IUの所属事務所側が公式ツイッターに「10月に法務法人を通じてIUを悪意的に誹謗する掲示物と関連して告訴を進めました」と明らかにし「民事・刑事上のすべての措置を進めます。合意や善処なしで強硬に対応します」と強調した。

誰よりもIUに対する悪質なユーザーへの告訴を望んでいたファンたちは、当時「強硬対応で正しい教育をしていこう」「IUをいつも応援しています」「アーティストを誹謗中傷するコメントは許してはいけません」などの反応を寄せていた。

このようなIUの強硬対応をもとに、今回‘77億の愛’でキム・ヒチョルは悪質な書き込みやユーザーについてどのような話を伝えるのか、視聴者たちの期待と関心が集まっている。


[先行公開]‘77億の愛’11話(画像出典:JTBC Entertainment

SUPER JUNIOR(スジュ) プロフィール&記事(85)