新大久保に行くなら必須クーポン! 各種料理の割引クーポンから一品サービスクーポンまで! 今すぐチェックする人はこちら

韓国プロジェクトグループWanna One(ワナワン)出身のカン・ダニエルが、初のソロデビューアルバムをリリースするにあたり、コンセプトフォトを公開して早くも話題となっている!

ソロ歌手として花道を歩み始めているカン・ダニエル(ハングル 강다니엘)が、アルバムのメイン・コンセプト・フォトを公開して本格的なソロデビューを予告した。

所属事務所KONNECTエンターテインメントは15日、カン・ダニエルのソロデビューアルバムのタイトル名「color on me」を公開したことに続き、16日0時にファンページとインスタグラムを通じてメインのコンセプトフォトを公開。

カンダニエル ソロ インスタ

初のソロアルバムリリースに期待が寄せられているカン・ダニエル(画像出典:カン・ダニエル Instagram)

公開された写真の中のカン・ダニエルは、ブラウンのヘアカラーにブルーのジャケットを着用し、柔らかな目線でカメラを見つめている。

特に撮影ライトの加減で暖かみのある感覚的なコンセプトイメージを完成させ、いつもの可愛らしいイメージとは一味違ったクールなカン・ダニエルの魅力が溢れ、アルバム全体のコンセプトに関心が寄せられている。

「本人だけのカラーを探しながら、本来の自身のカラーを作っていく」という抱負を込めたカン・ダニエルの初のソロアルバム「color on me」。

メイン・コンセプト・フォトを公開して、長い間の空白期間を経ていよいよ「ソロとしての歩み」を見せているカン・ダニエルに対する期待感がより一層高まっている。

現在、アルバムの音源収録とミュージックビデオの撮影などが終わっている状態であり、カムバックに向けた詰めの振りつけ練習の真っ最中だというカン・ダニエル。

今回カン・ダニエルの新曲の振りつけには、プリンスやクリス・ブラウンなど海外のポップスターの振りつけを担当したアントワーヌ(Antonie)など、世界的な振付け師が多数参加したと知らされている。

一方、プロデューシング・レーベルDevine Channel(ディバインチャネル)のCEOであり代表プロデューサー イム・グァンウク(Kei Lim)が、メインプロデューサーとして参加したカン・ダニエルの初のソロアルバム「color on me」は、今後リリースに先立ち様々なコンテンツを順次公開していく予定であり、7月25日午後6時に各音源サイトを通じて公開される。