6月15日から上演されるミュージカル「エクスカリバー」で主人公アーサー役を務めるJYJ ジュンス、SEVENTEEN ドギョム、ミュージカル俳優 カイのグラビアが公開された。

JYJ ジュンス、SEVENTEEN(ハングル 세븐틴 / 愛称 セブチ)ドギョム(本名 イ・ソクミン / ハングル 이석민)、韓国のミュージカル俳優 カイが6月号の「COSMOPOLITAN」のグラビアに登場した。

6月15日から上演されるミュージカル「エクスカリバー(ハングル 엑스칼리버)」の主人公、アーサーを務めるジュンス、ドギョム、カイの3人。
公開された各自の単独グラビアではそれぞれが異なった爽やかな魅力を披露した。

また、3人が集合したグラビアでは最年少のドギョムにジュンス、カイがもたれかかりそれぞれが笑顔を浮かべるというまるで兄弟のような姿を披露した3人。

アーサー役を務める3人の仲睦まじいグラビア

アーサー役を務める3人の仲睦まじいグラビア(出典:COSMOPOLITAN)

そんな3人はインタビューの中で開幕を控えるミュージカル「エクスカリバー」について語った。

創作ミュージカルである且つ、今回が初演である「エクスカリバー」に出演するに当たってカイは「初演であるが故に負担はない反面、自身達が作品のイメージを作ることとなる」と語り、初演ならではの責任感を語った。
以前韓国の番組「覆面歌王(ハングル 복면가왕)」に出演した際に“先入観”というものの怖さを痛感したと語ったカイ。

初演を務める責任感の大きさをインタビュー中で語ったカイ

初演を務める責任感の大きさをインタビュー中で語ったカイ(出典:COSMOPOLITAN)

番組出演時に“先入観”が与える影響を実際に体験したカイの言葉からは、初演のミュージカルに出演する俳優陣達が今後当作品に与える影響力がいかに大きいものであるかということが感じられた。

そんな重要な初演作品で今回初のミュージカル出演を果たすドギョムは、ミュージカルを通じて「感情で歌を歌うことを学んだ」とのこと。
普段はアイドルグループSEVENTEENでメインボーカルの一人として活動しているドギョム。

ミュージカルを通じて実力に磨きをかけたことが伺えるドギョム

ミュージカルを通じて実力に磨きをかけたことが伺えるドギョム(出典:COSMOPOLITAN)

ミュージカル出演以前より歌唱力に定評のあったドギョムがミュージカルの出演を通じて更にその実力を伸ばしている、という点は非常に期待がされる。

また、今回初めてミュージカルに挑戦するドギョムの姿を見て、自身が初めてミュージカルに出演した当時のことを思い出したと語ったジュンス(本名 キム・ジュンス / ハングル 김준수)。

後輩を見守る温かい先輩の思いを語ったジュンス

後輩を見守る温かい先輩の思いを語ったジュンス(出典:COSMOPOLITAN)

そんなジュンスはドギョムの現在の心情が理解出来る分、彼をサポートしたいとの後輩への温かな思いを表わした。

人気ニュース

JYJ 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース