YGエンターテインメントの麻薬問題で物議を醸してきたアイドル練習生出身のハン・ソヒが、同性愛説に包まれた。熱愛説のお相手となったのは“男性よりもハンサムな女性”として話題になったチョン・ダウンで、ネットで熱い関心が注がれている。

過去にK-POPグループBIGBANG(ビッグバン)のT.O.P(トップ / 本名 チェ・スンヒョン)と大麻を使用して執行猶予を宣告され、元iKON(アイコン)のB.I(ビー・アイ / 本名 キム・ ハンビン)と薬物の購入に関する会話を交わしたと報じられた、アイドル練習生出身のハン・ソヒ。

YGエンターテインメントの麻薬問題の暴露とともに、何度かSNSで物議を醸して世間を騒がせているハン・ソヒが、ケーブルチャネル コメディーTV「オルチャン時代7(얼짱시대7)」の出演者だったチョン・ダウン(イ・テギュン)との同性熱愛説に包まれた。

ハン・ソヒとチョン・ダウンに同性熱愛説浮上

ハン・ソヒ(左)、チョン・ダウン(右)(画像出典:ハン・ソヒ Instagram)

ハン・ソヒは「そのような間柄ではない」と熱愛説を否定したものの、チョン・ダウンは「理想のタイプはハン・ソヒ」だとし、曖昧な態度を示している状況だ。

9月25日、チョン・ダウンは自身のインスタグラムに、女性と推測される手を握っている写真を掲載。

そこには、ハン・ソヒのインスタグラムのアカウントがタグ付けされており、ネイルアートから相手がハン・ソヒだという噂が浮上した。

チョン・ダウンのインスタに投稿された意味深な写真

手をつないだ意味深な写真が投稿された(画像出典:チョン・ダウン Instagram)

二人が付き合っているのではないかと熱愛説を抱かせたが、ハン・ソヒはインスタグラムストーリーを通じて「私にはボーイフレンドがいます。なぜ私をタグ付けしたのか困惑しています」と明らかにして熱愛説を否定した。

さらにハン・ソヒとチョン・ダウンは、10月5日にベトナム・ダナンでの旅行写真も掲載。

特にハン・ソヒは、チョン・ダウンが自身の靴紐を直す写真と共に「努力は感心だけど、そこまでです。私は超えられない。オンニごめん」という文を掲載したことで、熱愛疑惑を大きくさせた。

ハン・ソヒがインスタグラムに掲載した写真

一緒に旅行に行ったハン・ソヒとチョン・ダウン(画像出典:ハン・ソヒ Instagram)

しかし、ハン・ソヒは再びインスタグラムストーリーを通じて「チョン・ダウンお姉さんが、間違って私のタグを写真に付けて以来、久しぶりに連絡して親しく過ごすことになり、一緒に旅行に行ったことは合っています」としながらも「皆さんが何を望んでいるのか分かりますが、全くそのような間柄ではありません」と熱愛説を強く否定した。

さらに「お姉さんが私に好意を持っているのか私も分かりません」とし「チョン・ダウンお姉さんは、イ・テギュンに改名していません。チョン・ダウンとして、女性の体で生きている女性です。トランスジェンダーではありません」と付け加えて注目を集めた。

また「以前、付き合って5ヶ月になるボーイフレンドがいると伝えましたが、本当に“ボーイ(男の)”フレンドでした。現在はそのボーイフレンドと別れている状態ですが、チョン・ダウンお姉さんのために別れたわけではなく、ボーイフレンドから深刻な執着があったために別れました」と説明した。

一方、チョン・ダウンは、過去に「オルチャン時代7」に出演して顔を知らせ、出演当時「忠州(チュンジュ)のSHINee」「リトル カン・ドンウォン」などの修飾語を得て“男性よりもハンサムな女性”として注目された。