同性熱愛を認めたり否定したり..ここ数日世間を騒がせているアイドル練習生出身のハン・ソヒと、「オルチャン時代」に出演していたチョン・ダウン。インスタグラムを通じて二人が連絡をすることになった背景が報じられ関心を集めている。

アイドル練習生出身のハン・ソヒが、コメディTV「オルチャン時代7(얼짱시대7)」に出演して名前を知らせたチョン・ダウンとのSNSメッセージを公開し、二人が再び連絡することになった背景に関心が集中している。

ハン・ソヒは8日、自身のインスタグラムに「この全ての出来事が、どうしてこうなったかというと..あのお姉さんは出所してすぐに私にDMを送って来て、私はDMはよく読まないのに、その日に限ってDMを確認して、とにかく返事をしたの。お姉さんは私の事を覚えていなかったけど、私は覚えていたの」という文と共にSNSでの会話キャプチャーを投稿した。

チョンダウンとのDMを公開したハンソヒ

ハン・ソヒがチョン・ダウンと交わしたDMを公開(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:ハン・ソヒ、チョン・ダウンSNS)

該当のキャプチャーには、9月にハン・ソヒとチョン・ダウンが交わした会話の内容が含まれている。

チョン・ダウンが「本当に尊敬します。一枚上手ですね」と話しかけると、ハン・ソヒは「お姉さん行ってきましたか?www久しぶりだね。お疲れさま」と答えた。

また、これに対しチョン・ダウンが「ところで私たち、知り合いですか?」と問うと、ハン・ソヒは「はい。よく忘れられますね」と返信。

するとチョン・ダウンは「じゃあ二倍良いね」と返した。

当時チョン・ダウンは、2016年に知人たちと共にヒロポンなどを投薬した容疑で懲役1年10ヶ月の判決を受けて、刑務所で過ごしたのち、出所してからハン・ソヒにメッセージを送ったと見られる。

このDMを機会に、二人は連絡を取り始めるようになり、熱愛説が浮上するまでとなった。

これに先立ち、先月25日チョン・ダウンは、自身のインスタグラムにある女性と手を繋いでいる写真を掲載。

そこにハン・ソヒのインスタグラムIDがタグ付けられていた為、ハン・ソヒは「チョン・ダウン姉さんと知り合いだが、付き合っている間柄ではない。ソウル拘置所でお姉さんに会ったこともなく、20才の時に知ったお姉さん」と伝えたことがある。

これまで自身たちを取り囲んだ熱愛説を否定したり、匂わせたり、曖昧な態度でメディアをもてあそぶ彼女たちの態度にネットユーザーたちは、

「いつまでこの人たちのお遊びに付き合うんですか?」
「一体この人たちは何がしたいんだろう..」
「もしかして麻薬繋がりの仲ですか」
「何か企んでそうで怖い」

などの反応を寄せて冷たい視線を送る一方で、一部では「芸能人でもない、ただの一般人なのに熱愛説まで浮上して世間を騒がせているなんて笑わせる」という反応を見せるユーザーもいた。

ハン・ソヒは、過去にBIGBANG(ビッグバン)のメンバーT.O.P(トップ)と大麻の使用疑惑で2017年9月に懲役3年・執行猶予4年を宣告されたことがある。

その他にも、元iKON(アイコン)のB.I(ビー・アイ)と薬物の購入に関する会話を交わした疑惑や、まだ未成年だった頃のBTS(防弾少年団)のV(ブイ)をクラブで見たと発言したり、俳優リュ・ジュンヨルの真似をした写真でネットを炎上させるなど、様々な問題を起こしてその都度物議を醸しているトラブルメイカーだ。