Golden Child(ゴールデンチャイルド)がMTVヨーロッパ・ミュージック・アワード韓国代表に選ばれた。

ボーイズグループGolden Child(ゴールデンチャイルド)が、「2018MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード(2018EMA)」の「ベスト・コリア・アクト」部門の最終候補に選ばれた。

Golden Child

Golden Child(出典:Twitter)

Golden Childは4日、スペイン・ビルバオで開催される「2018EMA」を控えて行われている「ベスト・コリア・アクト」部門候補者選定投票に名をあげ、欧州内の熱い人気を証明した。

「ベスト・コリア・アクト」部門は、2013年に新設された部門で、これまでEXO、B.A.P、BTS、GFRIENDらが受賞している。

韓国を代表するアイドルが受賞した部門だけに、Golden Childが最終候補に名前をあげただけでも、人気が確認できる指標となっている。果たしてGolden Childが2018EMAで受賞の喜びを享受できるか、関心が集まっている。

「MTV EMA」は、ヨーロッパでもっとも人気が高かった歌とミュージックビデオを選定する授賞式で、1994年に初開催されて以来、ヨーロッパ最大の音楽授賞式として位置付けられている。

一方、Golden Childは最近、新曲「Genie」を発表し、活発な活動を繰り広げている。


Golden Child「Genie」M/V
[korea_sns_button] [reaction_buttons]