性暴行犯罪の処罰などで、懲役2年6ヶ月の実刑判決が言い渡された元FTISLANDのメンバーチェ・ジョンフン。これにより思わぬ形で兵役が免除となり、ネットユーザーから”罰を与えているのか?恩恵を与えているのか?”との声が高まっている。

FTISLAND(エフティーアイランド)出身のチェ・ジョンフンが、思わぬ形で軍免除を受けることになった。

5月12日、ソウル高等法院(高等裁判所)では、チェ・ジョンフンの性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反(特殊準強姦)容疑に対する控訴審宣告公判が開かれた。

FTISLAND出身 チェジョンフン

FTISLAND出身 チェ・ジョンフン(写真提供:©スポーツ韓国)

この日、裁判所はチェ・ジョンフンに懲役2年6ヶ月の実刑判決と80時間の性暴行治療プログラム履修、児童・青少年関連機関と障害者福祉施設の各3年間就業制限なども命じた。

兵役法によると、拘束後実刑1年6ヶ月以上宣告されて服役する場合、軍入隊が免除される。

そのため、1年6ヶ月以上の実刑を宣告されたチェ・ジョンフンは、兵役義務が免除されることになった。

チョンジュニョン

チョン・ジュニョン(写真提供:©スポーツ韓国)

また、同じ嫌疑で拘束起訴された歌手のチョン・ジュニョンも控訴審で懲役5年、80時間の性暴行治療プログラム履修、児童・青少年関連機関と障害者福祉施設の各5年間就業制限が言い渡された。

しかし、チョン・ジュニョンは実刑判決と国防の義務に特別な関係性を持たない。

なぜなら、彼は過去に低学歴で既に軍免除判定を受けているためだ。

2013年にMnet‘スーパースターK4’に出演した当時、インタビューで「入隊のために身体検査を受けましたが、学歴のために免除を受けました。公式的な学歴は‘小学校卒業’です」と明らかにしたことがある。

インドネシア・ジャカルタで生まれたチョン・ジュニョンは、インドネシアの学校に通っていたが、その後中国へ。



チョン・ジュニョンが卒業した外国学校が、韓国国内では最終学歴と認定されず、さらに検定試験を通じて中学・高校の卒業証書を取得する方法もあったが芸能活動を理由に受け取らなかったため、最終学歴は小学校卒業になったことが確認された。

チェ・ジョンフンの軍免除、チョン・ジュニョンの最終学歴が小学校卒業という報道を耳にした一部のネットユーザーたちは「懲役2年6ヶ月で軍免除?罰を与えているのか?恩恵を与えているのか?」「国防部の代わりに法務部を選択したね..」「服役して軍免除された人たちを集めて特殊部隊でも作らなければなりませんね」「小学校卒業が最終学歴とは。基本的な学びの大切さがよく分かりました」などの反応を寄せている。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。