昨年11月にデビューした7人組ボーイズグループENHYPEN(エンハイフン)。最近、韓国のオンラインコミュニティーでは、メンバーソンフンの”誤字”プロフィールが取り上げられ、甲論乙駁が巻き起こっている。

日本でも高い人気を誇る次世代のK-POPエース、ENHYPEN(エンハイフン)。

ENHYPENは7人組ボーイズグループ

7人組ボーイズグループENHYPEN(画像出典:BELIFT LAB公式Twitter)

今月12日に発表された、日本オリコンチャートによると、ENHYPENの2ndミニアルバム『BORDER : CARNIVAL』が、4月月間アルバムチャート1位という快挙を達成したようだ。海外での”快進撃”は、本国韓国でも話題となり、その”成長の速さ”に感心する人が続出している。

韓国メディアやSNS、オンラインコミュニティーでも、その人気は実感でき、彼らの一挙一動にまつわる些細なエピソードも、たちまち話題になってしまうようだ。

ENHYPEN ソンフンの”誤字”プロフィール

"誤字"が韓国のオンラインコミュニティーで話題になったソンフン

ENHYPENのメンバーソンフンの”誤字”が韓国のオンラインコミュニティーで話題(画像出典:BELIFT LAB公式Twitter)

今月13日、韓国のオンラインコミュニティー『theqoo』には「ENHYPENメンバー、誤った*マッチュンポブのため、合成後 アップロードし直した週刊アイドル 制作陣」というスレッドが登場。ファンを中心に、甲論乙駁が巻き起こっている。

マッチュンポブ(맞춤법)とは、正書法、正字法を意味する。韓国語を文字(ハングル)で正しく記述する、決ったルールである(意味出典:Kpedia)。

ENHYPENのメンバー、ソンフンが自己プロフィールに、단백질(ダンベクジル/タンパク質)を담백질(ダムベクジル)と書き間違えたことが事の発端だ。

日本に例えると、漢字の書き間違えのようなことなのだが、漢字の数が非常に多い日本語に比べ、ハングルの文字構成は至ってシンプルであるため、マッチュンポブの間違いは”嘲笑の対象”になったりすることも少なくない。

今回の”誤字プロフィール”を、MBCバラエティー番組『週刊アイドル』に提出したものの、誤字に気づいた制作スタッフが、修正後に再度アップしたと見られる。

(画像出典:韓国のオンラインコミュニティー)

同スレッドには、「基礎学力が不足している」と、一部嘲笑をするネットユーザーに対し「人のミスを笑うな」と擁護論を展開させるユーザーが、ぶつかり合っている。

以下は、韓国ネットの反応

「早くデビューするために、国語の勉強をしなかったの?」

「学校に戻りなさい」

「ちょっとガッカリ」

「海外育ち? 日本育ち? 韓国育ちの子なら、残念」

「タンパク質は間違えようとしても間違えられないワード」

大多数のネットユーザーは、軽いミスとENHYPENを擁護している。

「theqooでマッチュンポブのスレッドが作られるなんて笑えるよ」
(theqooのユーザー層が非常に若く、マッチュンポブの誤りが非常に多いこと皮肉っている)

「タンパク質を淡泊質と? 淡泊でかわいいけど」
(담백タムベクは、韓国で淡泊と書く)

「あざ笑う連中は、一生消しゴムを使うなよ」

「検閲好きな韓国らしい」

「マッチュンポブパトロールまで出てきたのね」

「そんなに非難されること? マッチュンポブで人でも殴った? マッチュンポブで飲酒運転した? 怖いな~、マッチュンポブ」

「国語専攻してるけど、何も考えず文字書いている時は誰でもミスするよ」

「急いで書いたからミスしたんだよ!」

「こういうことで、こんだけのコメントが集まるなんて」

「誤字一つでこの騒ぎ・・本当に息詰まる世の中」

「たまに文書を書く時、脳がストップしている経験、誰でもあるよね? こんなことで燃える(炎上)なって」

「明日頃に、他グループメンバーの誤字エピソードが次から次へと登場しそうな予感・・」

「ENHYPEN、最近どうでもいいスレッド増えてるね・・人気の証」

(コメント翻訳・編集:Danmee編集部)

ENHYPEN

サバイバルオーディション番組『I-LAND』から誕生した7人組多国籍ボーイズグループ。
Big HitエンターテインメントとCJ ENMが共に設立したメディア企業BELIFT LAB(ビリーフラボ)に所属している。

メンバーは、ヒスン、ジェイ、ジェイク、ソンフン、ソヌ、ジョンウォン、ニキの7人。

ENHYPEN 最新記事はこちら(50)





この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs