JYPエンターテインメントがDAY6(デイシックス)のファンからボイコット運動を受けているということがネット上で話題となっている。

2015年にJYPエンターテインメントからデビューした5人組ボーイズバンド「DAY6(デイシックス)」。

2015年にデビューを果たしたDAY6

2015年にデビューを果たしたDAY6(出典:Twitter)

そんな「DAY6」は昨年2018年には日本デビューを果たし、日本でもライブツアー等の活動を行っている今後の活動が期待されるバンドの一つとなっています。

昨年12月にはミニアルバム“Remember Us:Youth Part 2”を発売していたという彼ら。
来月3月30日、31日には“DAY6 1ST WORLDTOUR-Youth”のアンコール公演も予定されており、「My Day」と呼ばれる彼らのファンは楽しみで胸がいっぱいであることが予想されますよね!

来月にはアンコールコンサートを控えている彼ら

来月にはアンコールコンサートを控えている彼ら(出典:Twitter)

しかし現在、DAY6のファン、My Day達は彼らのコンサートを来月に控えた今、ある怒りに満ちているようで韓国ネット上では現在このことが話題となっています…。

これは酷い…。スタッフがファンにとっていた態度とは?

My Day曰く、サイン会の際にファンがメンバーに渡そうとした手紙を取り上げて目の前で内容を読む、メンバーと話をしているファンを必要以上に急かした結果イベントの時間が余ってしまう、泣いているファンを笑ったりするなどファンを嘲った態度をとるといったスタッフが存在したとのこと…。

イベントでスタッフがファンを急かす、という光景は良く見られるものですが、イベントの時間が余るほどファンたちを急かすのはちょっといかがなものかと思います…。
スタッフの方も必要な仕事を行わなくてはいけないというのは十分に承知していますが、結果的に時間の調整が出来ていないとなると不満も生まれてしまいますよね。
その上、嘲るような態度までとられてしまうとなると、今回My Dayがこういった行動に出ることとなった気持ちも理解できる気がします。
楽しむために行ったイベントで不快な思いをするなんてあまりにも悲しすぎますよね…。

こういったスタッフのファンへの無礼な態度や行動に加え、「事務所のアーティストの管理、広報に誠意が見られないこと」、「ファンたちからの意思の疎通の要望を受け付けない」といったことをJYP側にボイコット運動を行ってきたというMy Day。
このボイコット運動だけでなくMy Dayはこの問題に関する映像、書面資料をJYP側に送るなどして自身たちの意見を伝え、フィードバックを求めていたとのこと。

しかし、そういった行動をとって一か月以上が経過した今でもJYP側からは何の対応も行われていないようです…。

今後JYPエンターテインメントはこの問題にどのような対処を行うのか…

報道によると、ボイコット運動の関係者はJYP側から「この問題について認知している」という回答を得たとのこと。
しかし、得たものはその回答だけであり、今のところこの問題に関する謝罪、フィードバックは行われていないそうです…。

これを受けボイコット運動の幅を有料コンテンツ、コンサートのグッズにまで広げることを決定したMy Day側。
ネットでも今回のJYPの対応には多くの批判の声が集まっており、その中には「早急にフィードバックをするべきだ」というものも多くみられました。

JYPエンターテインメントがTWICE等の人気アイドルが所属する大きな会社であるにも関わらずこういった対応をとっていたことは本当に驚きでした…。
今後、My Dayの意見をJYP側がきちんと受け止め、最善な対応がとられることを望まずにはいられません。

人気ニュース

K-POP男性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース