CUBEエンターテインメントがユニバーサルミュージックジャパンとの合弁ラベル「U-CUBE」を設立する。

CUBEエンターテインメント ロゴイメージ

CUBEエンターテインメント ロゴイメージ

CUBEエンターテインメントがユニバーサルミュージックジャパンとの合弁ラベル「U-CUBE」を設立する。

23日午後、ソウル市内のホテルでCUBEエンターテインメントは、ユニバーサルミュージックジャパンとの合弁法人「U-CUBE」のレーベル設立式を開催した。この席にはCUBEとユニバーサルミュージックジャパンの経営陣のほか、CUBE所属アーティストのCLC、PENTAGON、(G)I-DLE、ユ・ソンホが参加した。

CUBEは、世界最大レコード会社ユニバーサルミュージックジャパンと新たな合弁レーベルを設立することにより、グローバルネットワーク音源やCDの流通だけでなく、音楽産業全般にわたる事業の多角化を通じて、積極的に世界市場攻略に乗り出す。

ユニバーサルミュージックジャパンは、数年前からBEAST、4Minuteとともにコラボレーションをしてきた。今回の合弁レーベル「U-CUBE」を通じて、日本だけでなく、全世界を舞台に活動する計画をしており、音源と公演、映画など様々な事業も構想中だと説明した。

PENTAGONも「“U-CUBE”を通じて、日本での活動とグローバル音楽市場に一歩近づくことができるようになってうれしい」とし「番組、公演などさまざまなステージを通じて、ファンの方たちに会うことができるよう期待している」と伝えた。

[korea_sns_button] [reaction_buttons]