警察からV.I(スンリ)に対する捜査の可能性が言及されることとなり韓国のネット上で注目を集めている。

2月16日、17日の二日間に渡ってソウルで単独コンサートを行ったBIGBANG(ビックバン)のメンバー、V.I(スンリ)。

騒動の中、二日間に渡って開催されたV.Iのコンサート

騒動の中、二日間に渡って開催されたV.Iのコンサート(出典:Twitter)

クラブ「バーニングサン」騒動の最中であったこともあり、開催に関して様々な声が集まっていたV.Iのコンサート。
開催数日前には「バーニングサン」の麻薬流通者と言われていた人物、暴行事件の加害者と写真を撮っていたということも明らかとなり、コンサートに行く予定であったファンからは開催を危惧する声も上がっていました。

そんな声も上がる中、二日とも無事に行われたV.Iの単独コンサート。
そのコンサートの中ではV.I本人の口から今回の「バーニングサン」の騒動に関する謝罪も行われたということで大きく話題となりました。

V.I コンサートで謝罪

コンサートの冒頭で、騒動が起こった当初責任のある姿を見せることが出来なかったこと等を謝罪し、客席に頭を下げたというV.I。。
その謝罪に続いてV.Iは「混乱が早く解決することを望む」「二度とこういったことで失望させることがないよう、心配をかけることがないようにする」とファンに約束。
その後は普段通り、歌あり、トークありの楽しいコンサートを行ったようです。

チケットのキャンセル等の話も浮上していたものの、V.Iのコンサートには2日間で1万人の観客が訪れ、コンサートはファンたち熱狂のうちに終了したとのこと。

クラブ「バーニングサン」閉鎖..

一方、V.Iが楽しいコンサートを行っていた中で、クラブ「バーニングサン」のイ・ムンホ代表からはある発表行われることとなりました。
その発表というのは“クラブ「バーニングサン」の閉鎖”に関するものでした…。

V.Iのコンサートの2日目が行われる2月17日の午前に自身のインスタグラムにてこのことを伝えたイ・ムンホ代表。

そこで「バーニングサン」の閉鎖理由に関してイ・ムンホ代表は「全ての人が楽しく、仲良く出来ることを目標に作ったバーニングサンが今回の騒動により異なった趣旨で世間に広まったことが残念であった」「こういった状況下でクラブを続けることはバーニングサンのお客に対し失礼だと思った」と語りました。

自身のインスタグラムにて「バーニングサン」の閉鎖を発表したイ・ムンホ代表

自身のインスタグラムにて「バーニングサン」の閉鎖を発表したイ・ムンホ代表(出典:Instagram)

また、クラブの閉鎖のお知らせと同時に今回の騒動に関する警察からの調査には積極的に協力する、という意思も伝えたイ・ムンホ代表。
その言葉通りイ・ムンホ代表は閉鎖を発表した翌日の18日には10時間にも及ぶ警察の調査を受けたそうです。

この調査の際、イ・ムンホ代表は改めてクラブと警察の癒着疑惑、クラブ内での麻薬使用、性的暴行疑惑などを否定したそうです。

「必要であればV.Iを調査することもできる」

しかし後日、麻薬投薬容疑で逮捕されていた「バーニングサン」の従業員の自宅からは複数の麻薬が発見されることに。
また、V.Iとともに写真を撮っていた麻薬流通者と言われていた中国人女性の家からも謎の液体と白い粉が発見されたとのこと…。

これにより現在警察は逮捕されていた従業員の麻薬入手経路、流通経路の捜査、そしてこの従業員がバーニングサンで組織的に麻薬を販売していたかということを調査しているようです。
一方の中国人女性の部屋から見つかった謎の液体と白い粉についても成分の調査を行っているという警察。

そんな警察は「必要であればV.Iを調査することもできる」とV.Iへの捜査の意思を示しました。

これに対しネット上では「必要ならば?大衆に向けて自分のクラブだって堂々と言っていたんだし一番先に捜査しなければいけないのでは?」「代表だった人なんだから当然捜査するべきでしょ。必要なら、だなんて時間稼ぎでもしてるの?」「すごく当たり前のことを今言うの?」といったV.Iの捜査を促す声が非常に多く見られることとなりました。

コンサートでファンたちに「失望させることがないよう、心配をかけることがないようにする」と言って僅か数日で警察からの調査の可能性が浮上することとなったV.I…。
そんなV.Iはまだシンガポール、大阪、ジャカルタでのコンサートを控えているとのこと。

事態が動き始めた「バーニングサン」騒動。
今後V.Iへの捜査が行われるのか、また、疑惑を多く残したまま閉鎖を迎えた「バーニングサン」の実態が明らかとなるのかという点が非常に気になります…。

[korea_sns_button]

LINE@友だち追加