BTS(防弾少年団)の所属事務所BigHitエンターテインメントの公式謝罪文に対し、アメリカのユダヤ人団体SWCがコメントした。

アイドルグループBTS(防弾少年団)のナチス模様の画像使用などについて謝罪を要求したアメリカのユダヤ人団体SWCが、BTS所属事務所Bighitエンターテインメントの公式謝罪について「歓迎する」という意味を伝えた。

BTS

BTS(出典:BigHitエンターテインメント)

SWC(サイモン・ウィーゼンタール・センター)は去る13日、公式ホームページを通じてBighitエンターテインメントから受け取った公式書簡を公開し、「BTSのメンバーがナチスの模様の帽子と、いわゆる“原爆Tシャツ”と呼ばれた広島原爆の写真がプリントされたTシャツを着用して、あるイベントでナチスの画像を連想させた旗を使用したことについて、直接謝罪の意を明らかにしたことを歓迎する」と伝えた。

問題となった帽子

問題となった帽子(出典:instiz.net)

“原爆Tシャツ”と呼ばれたTシャツ

“原爆Tシャツ”と呼ばれたTシャツ(出典:Twitter)

先に、Bighitエンターテインメントは13日、公式ファンカフェ、SNSなどを通じて告知を伝え、最近浮上したBTSの原爆のイメージTシャツとナチスの模様の帽子を着用、ナチスのマークを連想させる旗を公演で振った事例などについて、謝罪の意を伝えた。

Bighitエンターテインメントは「原爆被害者の方たちを傷つけることを目的に制作されていないが、事前に十分な確認ができず、当社のアーティストが着用することにより、原爆被害者の方々に、意図せず傷つけることになったのはもちろん、当社のアーティストが原爆の画像と連携されている姿に不快感を与えたことがあった点について、心からお詫び申し上げる」と伝えていた。

[korea_sns_button] [reaction_buttons]

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース