BTS(防弾少年団)のジョングクの交通事故で、所属事務所側が「交通事故の被害者と円満に合意を完了した」と伝えた中、韓国の芸能媒体WIKITREE(ウィキツリー)では警察側が「交差点での信号違反がどこから流出したのか不明。交通事故のCCTV(防犯カメラ)とドライブレコーダーを確保して捜査中」と伝えて関心が寄せられている。

BTS(防弾少年団)のジョングク(本名 チョン・ジョングク)が、交通事故を起こした中で、所轄の警察署である龍山(ヨンサン)警察署側が事故内容を真っ向から否定した様子が報じられた。

交通事故を起こしたBTSのジョングク

交通事故を起こしてネットユーザーからの視線が集中したBTSのジョングク(写真提供:©スポーツ韓国)

11月5日、韓国の芸能媒体WIKITREE(ウィキツリー)によると、龍山警察署側がジョングクの交通事故に関連した立場を伝えたという。

これまでの韓国の報道によると、ジョングクが交通事故を起こしたのは、10月31日の午前4時頃。

当時、ソウル・龍山区(ヨンサング)漢南洞(ハンナムドン)の近隣道路で自身のベンツを運転していたジョングクは、“交差点で信号違反”をし、タクシーと追突する事故を起こしたと伝えられていた。

しかし、これに対して龍山警察署側は「ジョングクが道路交通法を違反したことは合っているが、まだ検察が起訴する前であるため、(被疑事実の公表などに関連する法律により)具体的な事項を伝えることは出来ない」と前置きしながらも、「ジョングクが交差点で信号違反をしたという話がどこから流出したのか不明だ」とし「最初の報道も警察側から出てはいないようだ」と事故内容の一部を否定しているという。

また警察側は、捜査状況について「CCTV(防犯カメラ)およびドライブレコーダーを確保した。’12大重過失交通事故’に該当するのか捜査中だ。違反内容の大きさによって結果を判断する」と明らかにした。

12大重過失交通事故とは、例えば「信号無視」「速度違反」「横断歩道での事故」「飲酒運転」など12項目の違反による事故のことを指す。

龍山警察署側は「12大重過失交通事故で人的被害がある場合、立件される可能性もある」とし「しかし物的な被害だけで疑惑が無いことが明らかとなれば、罰金や行政処分を受けたり(簡単な)調査だけで終結することができる」と説明した。

それと共に「タクシーの運転手が診断書を提出しなくても人命被害があると判断された場合は、刑事上の責任を問うことができる」とし「負傷の程度も考慮しなければならない」と伝えた。

最後に「すべての捜査が終わるまでは約1ヶ月程かかる見込みだ。ジョングクの召喚日も決まっていない」とし「タクシー運転手が診断書を提出したのかどうかも伝えることは出来ない」と付け加えた。

今回の交通事故は、BTSの所属事務所Big Hitエンターテインメントによる一早い公式コメントを通じて「ジョングク本人が道路交通法を違反したことを認めて、合法的手続きにより現場処理および警察署での陳述を進めた。その後被害者と円満に合意を完了した」として知らされたが、具体的な事故経緯は知らされていなかった。

このようなBig Hitの迅速な対処は、ジョングクが大きな事故に巻き込まれたと誤解する可能性を未然に防ぎ、のちに“立件”という単語が使われて大きな論議を呼び起こす前に素早く対処したものと考えられる。

しかし、このような中でWIKITREEによって報じられた龍山警察署側の立場が明らかとなり、今後の調査結果がどのように判断されるのか世間の関心が傾いている。