BTS(防弾少年団)を差別発言などを交えながら中傷的に紹介したオーストラリアの番組“20 to One”に寄せられた怒りと批判の声…。これを受け、放送局は「面白く解説しただけ」との立場に謝罪の言葉を添え、更なる怒りを呼ぶことに…。

BTS(防弾少年団/ハングル 방탄소년단)に関する報道を行ったオーストラリアの番組内で行われた発言に批判の声が高まっている。

BTS オーストラリア番組 中傷

今回、問題となったオーストラリアの番組内でBTSはどのように紹介されたのか…(出典:BTS公式Twitter)

BTSの人気についての報道を行ったオーストラリアの番組“20 to One”。
番組内でBTSは「最高のアーティストBTS」と称賛の言葉と共に紹介されるも、番組に出演した人物により「聞いたことがない」との言葉を受けることとなった。

その後も番組内では「韓国で何かが弾けたとのニュースを聞いて爆弾だと思ったけどBTSだった」と言うBTSのみならず、韓国をも嘲弄するコメントまでもが聞かれることに
更に「英語が話せるメンバーが一人しかいないのにビルボードアワードで2冠を獲得したことが疑問」という発言、ジミンが歌唱をミスした映像を流す等いうBTSに対する中傷的な姿勢が見られた当番組。
この他にも番組内では性差別発言、BTSのファンに対する嘲弄発言も見られ、当番組を見たオーストラリアのBTSのファン達の失望と怒りを呼ぶこととなった。

その後、SNSを通じて“20 to One”の放送内容を問題視するとともに批判したオーストラリアのBTSのファン達。
当批判は拡散された結果、国境を越えてBTSの母国 韓国のみならず、世界のBTSのファン達の元に広がり、更に大きな怒りを呼ぶこととなった。

番組への批判の声が高まる中、問題となった“20 to One”の放送局であるChannel9側は「放送内容は番組規定を違反していない、BTSの人気を強調するために面白く解説しただけだ」との立場を表わした。
当立場を表わすと同時に「不快感を感じた視聴者に謝罪する」という謝罪も行ったChannel9側。

これに対し韓国ネット上からは、

「謝罪をしている内容とは思えない」
「人を傷つける発言はユーモアではないでしょう…」
「謝罪はBTSに対しても行うべきだと思う」

という怒りの声が引き続き見られることとなった。

[korea_sns_button]

LINE@友だち追加