BTS(防弾少年団)のコンサート‘BANG BANG CON(バンバンコン)’について発言したアメリカの歌手アレック・ベンジャミン。これまでBTSのジミンに格別な愛情を見せてきた彼だが、ファンから非難を浴びることに。果たして彼はどのような発言をしたのだろうか..

アメリカの歌手アレック・ベンジャミン(Alec Benjamin)が、BTS(防弾少年団)のコンサート‘BANG BANG CON(バンバンコン)’について発言した内容が問題になっている。

4月21日、アレック・ベンジャミンは自身のツイッター(Twitter)に‘BANG BANG CON’のストリーミングの便りを伝えた。

BANG BANG CONについて言及したアレックベンジャミン

BANG BANG CONについて言及したアレック・ベンジャミン(※現在該当のツイートは削除されている)(画像出典:オンラインコミュニティー)

彼は「まるでポルノの名前のようだ。そうだな。もうコンサートが永遠に出来ない時がくれば、僕もポルノ俳優にでもなろうか」とツイート。

このツイートを見たツイッターの利用者が‘BANG BANG CON’の正確な意味を教えると、すぐに彼は「ちょっと待って。BANG BANG CONはポルノじゃなかったのか?」と付け加えた。

続けて「このようなツイートをして悪かった。でも‘BANG BANG CON’は本当にLAコンベンションセンターでするようなポルノ大会のように聞こえる」とし「今‘BANG BANG CON’をつけた。このコンサートも驚くことだが、僕は他のものを期待していたからズボンを再び履いたよ」と伝えた。

これに対し、ファンたちは「‘BANG BANG’がアメリカやイギリスの英語圏で性的な意味として使われていることは確かだが、該当の発言を公式アカウントですることではない」と指摘し、アレック・ベンジャミンにツイートを削除することを要求。

しかし、続く抗議にも特別な反応を見せなかったアレック・ベンジャミンに対して、ファンたちは「あなたと懇意にしているBTSのジミンに知らせる」と伝えると、すぐに該当の投稿を削除した。

ジミンと親しい様子を見せていたアレックベンジャミン

ジミンと親しい様子を見せていたアレック・ベンジャミン(画像出典:アレック・ベンジャミン Twitter)

アレック・ベンジャミンは、濃厚な美声と感動的な歌詞を書くことで人気を得ている新鋭シンガーソングライターだ。

2019年8月、BTSが長期休暇を取っていた際にジミンはソウル・麻浦区(マポグ)弘大(ホンデ)で開かれたアレック・ベンジャミンの初の単独来韓公演を観覧し、ツーショット写真を撮影するなど仲睦まじい様子を見せていた。

(関連記事)ジミン(BTS) 休暇中にアウレック・ベンジャミンのコンサート観覧した。

これだけでなく、アレック・ベンジャミンは甘美な声で‘FAKE LOVE’を歌っている様子をツイートし「僕の夢はジミンとコラボをすること」とラブコールを送ったことも。



これまでBTSやジミンに対して格別な愛情を表現してきたアレック・ベンジャミンだが、今回セクハラにも捉えられるような笑えないジョークでファンから非難を浴びてしまったことが何とも残念でならない。

BTS

防弾少年団は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループ。
パンシヒョクのプロデュースによって誕生したBigHitエンターテインメントのヒップホップグループである。
デビューアルバムは<2 COOL 4 SKOOL>、デビュー曲は「No More Dream」。
グループ名の「防弾少年団」には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味を込めている。
ハングル表記は방탄소년단(バンタンソニョンダン)からバンタンと呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(966)