BIGBANG(ビックバン) V.I(スンリ)のスキャンダルは、果たしてどのような展望を遂げるのか…

BIGBANGのV.I(スンリ)が経営する江南のクラブ「バーニングサン」での暴行事件から始まったBIGBANG V.Iの論議。

V.Iは結局「引退」という言葉を用いたが、“BIGBANG”や“BIGBANG出身のV.I”の肩書きが重要ではなく、イ・スンヒョン(V.Iの本名)の問題だ。

BIGBANG V.I(スンリ)

BIGBANG V.I(スンリ)(写真提供:スポーツ韓国)

「バーニングサン」の暴行事件から始まり、麻薬、性暴行など衝撃的な事件が相次いでいる中で、性接待、売春、性関係の隠し撮りまで、V.Iのみならず他の芸能人も多数関連しており、放送関係者の波紋が予想される。

V.Iとカカオトークのメンバーであった歌手チョン・ジュニョンは、相手女性の体や性関係の様子を盗撮し映像を共有、さらに流出させた疑いで13日に警察での取り調べを控えている。

この他にも芸能人のイニシャルが公開されており、V.Iが芸能界引退を宣言しても彼と関連した人物たちが芸能人であるため、連日続く報道は避けられないであろう。

特にV.Iは性接待と売春疑惑などを後にし、現役入隊と引退を選択して大衆の視線から退(しりぞ)く姿を取っているが、関連芸能人の名前が挙がる中で自由にはできない見通しだ。

今回の事態の核心はV.Iであり、 彼が運営したクラブで事件が起き、全ての疑惑の中心にV.Iがいる。

韓国のある媒体によると、ミン・カムリョン警察庁長官は「V.Iがもし入隊しても国防部と協議して捜査を支障なく進めていく」と明らかにした。

現在のところ、V.Iは予定通りに入隊すると予想されているが、歌手V.Iにしても、いち韓国国民イ・スンヒョン、軍人イ・スンヒョンにしても、この全ての事件の中心的存在のため、報道の束縛から解かれる日は遠いだろう。

果たして芸能界歴代級のスキャンダルがどのような展望を成し遂げるのか、韓国国内のみならず全世界のファンたちが注目している。

[korea_sns_button]

LINE@友だち追加

[reaction_buttons]