BIGBANG V.I(スンリ)、「バーニングサン騒動」がコンサートに影響を及ぼしている。

BIGBANG(ビックバン)のV.I(スンリ)が携わっていたクラブ「バーニングサン騒動」が、V.Iの入隊前最後のコンサートにも影響を及ぼし始めている。

BIGBANG V.I

BIGBANG V.I(出典:Instagram)

V.Iは来る2月16日・17日に、ソウル・オリンピック公園SKオリンピックハンドボール競技場で、ソロツアーコンサート「SEUNGRI 1st SOLO TOUR [THE GREAT SEUNGRI] FINAL IN SEOUL」の開催を控えている。来る3~4月に軍入隊を控え、ファンと会う最後の公式の場となる予定だ。

「SEUNGRI 1st SOLO TOUR [THE GREAT SEUNGRI] FINAL IN SEOUL」

「SEUNGRI 1st SOLO TOUR [THE GREAT SEUNGRI] FINAL IN SEOUL」(出典:Instagram)

しかし1月28日にバーニングサン関連のニュースが報じられたあと、V.Iの道義的責任論が浮上。インターネットコミュニティとSNSには、コンサートチケットをキャンセルするための払い戻し手続きに関連したコメントが殺到している。キャンセルだけでなく、譲渡依頼も多く見受けられる。

チケット前売りサイトオークションによると、2月7日午前10時10分時点で、16日午後6時のコンサートは394席、17日午後6時のコンサートは454席残っている。韓国でも最高の人気グループのひとつであるBIGBANGメンバーの入隊前最後のコンサートとしては、考えられないことだ。

一方V.Iは2日、バーニングサン騒動について「暴行事件当時は現場にいなかった。広報担当として社内取締役を務め、実質的なクラブ経営と運営には関与していなかった。当時、社内取締役を務めていただけに、責任を負うことがある場合は、すべての責任を負う」と謝罪していた。

[korea_sns_button]

LINE@友だち追加

[reaction_buttons]